茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > 学校教育 > 健康や体力を育む教育 > 学校安全・防災教育 > 学習指導要領に基づく防災教育参考資料

学習指導要領に基づく防災教育参考資料

 本資料は、小学校から高等学校までの学習指導要領における「防災教育」に関する内容について抜粋し、その体系及び内容の詳細についてまとめたものです。

 防災教育を進めるに当たっては、危険に際して自らの命を守り抜くための「自助」、自らが進んで安全で安心な社会づくりに参加し、貢献できる力を身に付ける「共助、公助」の視点が重要であることから、本資料では、道徳や特別活動における生命の尊さ、体育・保健体育におけるけがの防止や心肺蘇生法等についても視点を広げ、防災教育に関連する内容として抜粋しました。

 また、令和2年12月には、「茨城県災害ボランティア活動を支援し、促進するための条例」が施行され、災害ボランティアの人材育成に関して、学校は災害ボランティアに関する体験の機会の提供や自主防災組織等との交流などを行うよう努めると規定されたことから、ボランティア精神の涵養に関する内容についても抜粋しました。

 各学校においては、本資料を参考に、小学校から高等学校までの防災教育の体系を把握するとともに、学校ごとの教育目標や児童生徒の実態、地域の災害リスク等を踏まえた上で、教科等横断的な視点から教育課程を編成し、発達段階に応じた防災教育の充実を図るようお願いします。

 

校種別等のダウンロードはこちら

[参考]茨城県災害ボランティア活動を支援し、促進するための条例(抜粋)

(人材の育成及び確保)

第9条第2項

学校は、児童及び生徒が災害と向き合い、助け合いや人との絆の重要性を認識することを通じて、防災意識の向上並びに災害を生き抜く力及び人を支える力の育成を図るため、災害ボランティアに関する体験の機会の提供、自主防災組織等との交流その他の教育活動を行うよう努めるものとする。

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 学校教育部 保健体育課[県庁舎23階]

電話 029-301-5349(学校保健・安全担当)  FAX 029-301-5369

E-mail hotai@pref.ibaraki.lg.jp