茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > 学校教育 > 人権教育 > 人権教育視聴覚教材のご案内 > 人権教育視聴覚教材目録5

人権教育視聴覚教材目録

人権教育視聴覚教材目録5 D-1~

整理番号
〔制作年〕
タイトル 内容(リーフレット抜粋) 対象
D-1 [H23] 今、地域社会と職場の人権は!
(36分)
 「増え続ける高齢者」「子育てする女性」「パワ・セク・ハラスメント」「同和問題」に焦点をあて、誰もが地域と職場で、自分の持っている能力や個性を発揮し、生きがいを持って働ける環境づくりの大切さを問いかけていきます。そして、皆が「生き生きと安全で安心できる社会」の取り組みと、ともに支え合う「共生社会」の実現をめざす作品です。 教職員
PTA
成人
D-2 [H19] 夕映えのみち
(38分)
字幕・副音声入り
 インターネットは、人と人、人と情報をつないで豊かな社会を創る“文明の利器”です。その反面、使い方を一歩間違えると、人と人の絆を断つ凶器に変わってしまいます。インターネットによって起こるさまざまな問題を私たちに問いかけます。 中学生
高校生
教職員
PTA
成人
D-3 [H20] 夢のつづき
(40分)
アニメーション
 高齢者に対する人権侵害、高齢者の生きがい、介護、家族のきずな、世代間のふれあい、そして男女の固定的役割分担意識についてポイントを置き、自分らしく生きることができる社会を実現するためにはどうしたらよいかを考える作品です。 小学生(高)
中学生
高校生
教職員
PTA
成人
D-4 [H21] 小学生のための人権 パート2
大切なわたし 大切なあなた
(15分)
 いろいろな人へのインタビューを通して、大切なわたし、大切なあなたというテーマを子どもたちに考えさせる考えさせる内容です。「あなたは自分のどんなところが好きですか?」「他の人を大切にしているなあと思ったことはありますか?」・・・いろいろな人の言葉を聞くことで、自分を大切にし相手も大切にするとはどういうことかを、子どもたち自身に考えさせます。 小学生(高)
教職員
PTA
D-5 [H12] いじめ 14歳のメッセージ
(25分)
アニメーション
 14歳の少女が、実際に学校で「いじめ」にあい、それを乗り越えて書いた小説をビデオ化したもの。「皮肉なものだよね・・・死んで初めてわかるんだよ。生きていることのすばらしさ。死んだ方がマシなんて、絶対にウソ」人生、家庭、学校、友だち等のことを見つめ直す作品です。 中学生
教職員
PTA
成人
D-6 [H21] 部落の心を伝えたい 第12巻
「若い力は今」
吉岡 綾
(30分)
 付き合っている恋人から差別的なことを言われ、即座に言い返すことができなかった。自らの差別体験を通して、「差別をなくす人生」を生きる吉岡綾さん(27)。今、講演依頼が相次ぎ、若さ溢れる熱く力強い語りは、行政・企業・学校で大きな反響を呼んでいます。 中学生
高校生
教職員
PTA
成人
D-7 [H20] 同和問題と人権
―あなたはどう考えますか―
(28分)
 皆さんは、同和問題についてどのくらい知っていますか?同和問題とは一体どのような問題なのか、どうしてこのような問題が存在し、何故なくならないのか。同和問題を正しく理解し、同和問題を解決するためにはどうすればよいのか、このビデオを見ながら、一緒に考えてみませんか。 中学生
高校生
教職員
PTA
成人
D-8 [H16] プレゼント
(15分)
字幕入り
アニメーション
 「私は『いじめてる』なんて気持ちはなかった。ああいう風になるまでは・・・・。」
 いじめの原因は様々なことが考えられます。子ども達に、身近な問題である「いじめ」について考えてもらうことで自分の人権の大切さに気づき、さらに自分と同様に、ほかの人の人権も大切であるということに気づいてもらおうとする作品です。
小学生
中学生
教職員
PTA
D-9 [H17] 未来への虹
-ぼくのおじさんはハンセン病-
(30分)
字幕・副音声入り
アニメーション
 茨城県からおじいさんのところへ遊びに来ていた正太は、いとこの香奈と「国立療養所多磨全生園」に住む平沢保治さんの家へおつかいを頼まれました。
 初めて訪れる「全生園」がどのようなところかわからない正太は、平沢さんの容姿に驚き、戸惑いを覚えます。
 そんな正太に、平沢さんは語りかけます。「ハンセン病」という病気にかかり、14歳の時に茨城県から全生園に入所したこと、差別を受けてきたこと・・・
 2年後、再び全生園を訪れた正太は、「みんなにもっとハンセン病のことを理解してもらって、虹の架け橋を僕たちが架けるから・・・」と決意を語るのでした。
小学生
中学生
教職員
PTA
D-10 [H19] ありったけの勇気
(27分)
字幕入り
 「いじめはやめよう!」と言える勇気を子どもたちに伝えたい―。子どもたちは「いじめは良くない・悪いことだ」とわかっていても、「自分がいじめられるかも」という不安から、いじめに加わってしまったり見て見ぬふりをしてしまったりします。このドラマでは、「いじめないグループを作ります」と主人公直子(小5)がクラスに提案するまでの葛藤や成長を描きます。 小学生
教職員
PTA
D-11 [H11]
しらんぷり
(21分)
アニメーション
 「しらんぷりっていうのは、イジメに加わることやで」と、川原にいるおでん屋台のおじさんに諭されたアキラ(小6)の、イジメに対する心の葛藤が描かれています。
ベストセラー長編絵本が原作のこの物語は、イジメについて、みんなで考えてほしいという願いが込められています。
小学生
中学生
教職員
PTA
成人
D-12 [H24]
ほんとの空
(36分)
字幕/副音声入り
 主人公家族が3人で暮らす集合住宅には、高齢者や障害者など多種多様な人間が住んでいる。
3人は原発事故に伴い避難してきた一家や、隣室に越してきた外国人夫婦との交流を通して、時に傷つき、戸惑いながらも、自らの誤解や偏見に気づき、他者への理解を深めていく過程を描いています。
中学生 高校生 教職員 PTA 成人
D-13 [H20] ねずみくんのきもち
(12分)
アニメーション
 いじめやコンプレックス、自然とのつながりなどの大切なテーマをねずみくんと一緒に学べる楽しいアニメーションです。一人一人が大切な存在であるということに気づき、共に生きていることを感じられる作品です。
ロングセラーのねずみくんの絵本シリーズ『ねずみくんのきもち』を映像化した作品です。
小学生 教職員 PTA

D-14 [H19]
見上げた青い空
(34分)
字幕/副音声入り
 巧妙かつ残酷ないじめの現実、そして、いじめられる側もいじめる側も苦しんでいる“いじめ”の本質を直視していただき、あらためて“いじめ”について考えていただくきっかけになることを、ねらいとした作品です。
 この作品には、ドラマに登場した役者がいじめ問題について、それぞれの立場で語るパートがあります。そこにはいじめ問題を解決するためのヒントが盛り込まれています。この作品を見て、みなさんもクラスでいじめ問題について話し合ってください。

小学生 中学生 高校生 教職員 PTA

成人

D-15 [H18]
桃色のクレヨン
(28分)
字幕/副音声入り
アニメーション
 近年、他人に対する思いやりやいたわりといった人権尊重意識の希薄化が危惧されています。
人権意識とは「かけがえのない命」の大切さを感じることであり「思いやりの心」を大事にすることだといえます。このような大切なことに気づいていく主人公・美奈子を通じて、この物語を見た人たちにも、大切なことをたくさん気づかせてくれます。
小学生
中学生
教職員
PTA
成人
D-16 [H25] 人権は小さな気づきから
(34分)
 人権は「心」の問題であり、命の問題です。
 一人一人が人権に対する意識をもつことで救える命もあります。
 本作品は、8つの人権問題(いじめ、虐待、子どもの人権、女性、障害者、高齢者、ハンセン病元患者、東日本大震災に風評被害)を取り上げ、身近な人権課題に気付き、ふだんの生活の中で人権を意識するために問いかけ、気づきを促す作品です。
小学生
中学生 高校生
教職員
PTA
成人
D-17 [H26] ココロ屋
(25分)
アニメーション
 主人公ひろきは、友だちとケンカをしてしまい、先生に「心を入れ替えなさい」と言われてしまいます。
 うまくいかない自分の心を持て余しているひろきの前に、謎の「ココロ屋」が現れます。
 ひろきはさっそく、「優しいココロ」にココロを入れ替えてもらいますが…。
 ひろきの満足するココロはどこにあるのだろう。主人公が自分にふさわしい心を見つけ、心を育てていこうとする過程を描いています。
小学生
中学生 高校生
教職員
PTA
D-18 [H19] いじめはゼッタイにわるい
(12分)
アニメーション
 学校でいじめられていた健一(小3)は、洋介という中学生に励まされ、勇気を出して、先生に打ち明けます。そして、健一へのいじめはなくなりますが・・・・。
 たとえ、今はクラスにいじめがなくても、いじめと向き合わなければならなくなったとき、いじめには加担せず、ためらうことなく先生や親に知らせる、そうした行動力を持ってもらおうとするものです。
小学生
教職員
PTA
成人
D-19 [H20] えっ!これも人権?
―4コマ劇場より―
(30分)
 日常生活のふとした出来事などをあげ、「なるほどこれも人権問題なんだ」と、その大切さに気づく4コマ・マンガと実写でわかりやすく構成された作品です。 小学生
中学生 高校生
教職員
PTA
成人
D-20 [H26] 家庭の中の人権
カラフル

(31分)
 「”人権”の問題は、”人間”の問題」。私たちひとりひとりが生きていく日々の中に存在します。気づかずにいると、知らず知らずのうちに他者の人権を侵害してしまうことがあります。そして、人権に対する意識の基礎は、家庭の中で生まれていきます。
 本作品は、家庭の中にある人権課題(他人の噂、子どもの就職、子どもの結婚、LGBT、多様性を認めるカラフルな社会へ)を取り上げています。日々の生活の中で人権を意識するために問いかけ、気づきを促す作品です。
中学生 高校生
教職員
PTA
成人
D-21 [H26]
imagination(イマジネーション)想う つながる 一歩ふみだす
(31分)
 何気ない日常の中で、他の人の「心」を想像することを恐れていませんか?
 まず「想像」すること、相手のことを知ること、想うこと。そこから人と人はつながる。互いが人権を尊重し合って生きていくために、一歩ふみだして行動する・・・
 あなたは、イマジネーションできていますか?
 本作品は、子供の人権-いじめ問題-、同和問題、障害者の人権-発達障害-の3つのドラマで構成され、人権について考えることができる内容になっています。
中学生 高校生
教職員
PTA
成人
D-22 [H26] 新・人権入門
(25分)
 職場でありがちな人権的なトラブルシーン(パワハラ、セクハラ、女性活躍推進、障害者への配慮、外国人との共生、表現と人権、同和問題、LGBTなど)を16話のショートドラマとして再現している。自分がそのシーンに遭遇したらどのような行動がとれるのか?
 視聴者とドラマの出演者が共に学び、悩み、考えることのできる作品です。
中学生
高校生
教職員
PTA
成人
D-23 [H27] 聲の形(こえのかたち)
(30分)
 「このマンガすごい!2015」で第1位に輝き、実写化した教材です。
 「あの時、アイツの声が聞こえていれば・・・。」
 将也のクラスに転校してきた聴覚障害の硝子は、筆談ノートで積極的にクラスメイトに語りかける。当初は好意的に受け入れていた将也やクラスメイトだったが、硝子が原因で授業が止まったり、筆談ノートの煩わしさに徐々にストレスを感じていく。「いじめ」や「障害者との共生」など難しいテーマを考えることができる作品です。
中学生
高校生
教職員
PTA
成人
D-24 [H28] 光射す空へ
(32分)
アニメーション
 この作品では、大学生たちの悩みと学びの場を通して「正しい理解」「多様性の受容と尊重」に大切さを描いています。
 大学生の朝陽と優海が「自分のよく知らない人権問題」について調べを進めていく中で、父の若年性認知症、友達の性同一性障害、同和問題について深く学びを進めることになる。登場人物の成長と共に、すべての人の人権が尊重される社会について考えることできる作品です。
中学生
高校生
教職員
PTA
成人
D-25 [H18]

 

名前・・・・それは燃えるいのち
(18分)
字幕入り
アニメーション
 新学期の4年3組で名前のことでケンカになった子ども達に、先生から出された宿題。「自分の名前のことを調べて、みんなの前で発表してください」 ひとりにひとつ、誰もが持っている、名前。自分の名前、友だちの名前・・・・。名前に込められた思いに気づいたとき、ひとりひとりの命の大切さ、ひとりひとりの違いの素晴らしさが、見えてきます。 小学生
教職員
PTA
成人
D-26 [H6] 三人兄妹
(43分)
 同和問題への理解の程度に差はありますが、立ちはだかる世間体意識などに信吾たちは前向きに対処し、自らの考えをぶつけ合い、差別の壁を克服していきます。被差別部落出身の晶子もまた、自分の代で差別の悪循環を断ち切りたいと考えます。
 『差別を含む社会』の問題を、より理解できるよう描かれています。
中学生
高校生
PTA
成人
D-27〔H27〕 わっかカフェへようこそ~ココロまじわるヨリドコロ~
(35分)
 忙しい日常に迫られて誰かと「心を交流する」ことをおろそかにしていなでしょうか?
 世の中にはいろんな人がいて誤解がもとでうまくいかないこともあります。そこで、わっかカフェに訪れる人々とのかかわりの中で、「インターネットによる人権侵害」、「高齢者の人権」、「外国人の人権」について考える作品になっています。
中学生
高校生
PTA
成人
D-28〔H14〕

金太郎 心のちからもち
(13分)

アニメーション
 心もまっすぐな金太郎!嘘は卑怯だ、嘘つくな。心も強い金太郎! 弱いものはいじめるな。心もすっきり金太郎!いじめはジメジメかっこ悪い。心も頼もし金太郎!相手のことより自分に負けるな。心も優しい金太郎!親切は気持ちいい。全部できたら金太郎! いじめ防止に向けた作品になっています。 幼児
小学生
教職員
PTA
成人
D-29〔H16〕

やさしいオオカミ
(15分)

アニメーション

 悪の代表・暴力の代名詞にされるオオカミ。しかし、主人公のオオカミは、気弱で臆病なことから森の動物たちから牙のない「キバナシ」と呼んで馬鹿にされます。
 しかし、みんなにいじめられ続けた気弱で臆病なオオカミのキバナシがみせた本当のやさしさ、本当の強さをみせる作品になっています。
幼児
小学生
教職員
PTA
成人
D-30〔H29〕 むしむしむらの仲間たち
(13分)
アニメーション
 おとなしくて気の弱いホタルのゲンジは、カマキリのカマジローたちに自分のカバンを持たされてしまう。てんとう虫ナナミが止めに入ると、ゲンジとナナミのカバンはカマジローたちに取り上げられ、他の虫たちとパスし合って返さない。これに気付いたアゲハ先生は、みんなを丘の上に連れて行き、ある女の子の話を始めていく作品になっています。 幼児
小学生
教職員
PTA
成人
D-31〔H26〕 あなたに伝えたいこと
(36分)
 この作品のテーマは「インターネット時代における同和問題」です。主人公はごく普通の若い女性。物語が進む中で、彼女は自分の祖母や母が同和問題でつらい思いをしてきたことを知る。彼女の結婚話を中心に、恋人や友達、家族などとの関わりを通して、ネット上の情報だけではなく、実際に人と触れ合う中でお互いを正しく知り合うことが、同和問題やすべての差別をなくしていくために重要であることを、明るい希望とともに考えることができる作品になっています。 中学生
高校生
教職員
PTA
成人
D-32〔H29〕 よっちゃんの不思議なクレヨン
(22分)
アニメーション
 やさしいよっちゃんと森の動物達との温かい生命の物語です。
不思議なクレヨンが「やさしい心」「みんなの為に奉仕する心」「ごめんねという反省の心」「自分だけの間違った欲張りな心」「ありがとうという感謝の心」などいろいろな心の大切さを教えてくれます。
小学生
教職員
PTA
D-33〔H21〕 声を聞かせて
(40分)
アニメーション
 念願の携帯電話を買ってもらった優衣は、片時も携帯電話を手離しません。優衣の友達の夏希が学校裏サイトに書き込まれ、擁護した優衣に悪意の矛先が向けらます。担任の青島、両親と夏希は、優衣のために動き出します。ネット社会における人権問題の根底にあるものは何か、感動的なアニメーションで描いている作品になっています。 小学生
中学生
高校生
教職員
PTA
成人
D-34〔H21〕 毎日がつらい気持ちがわかりますか
(18分)
アニメーション
 子供たちにもわかりやすいアニメーションで、相手の顔が見えないインターネットのいじめがどれだけ友達の心を傷つけるものかを描き、いじめは絶対にしないよう訴える。インターネットといじめについて気付かせる作品になっています。 小学生
中学生
高校生
教職員
PTA
成人
D-35〔H15〕 みんな友だち
(15分)
アニメーション
 この作品は、悩み疲れたペンギンが気付いた自分の可能性・・・。いじけ、いじめ、そして友情。ペンギン、カモメ、カラス、ウミガメ、神様がおりなす生きる力の物語になっています。 幼児
小学生
教職員
PTA
D-36〔H15〕 いじめっこザルと正直カニさん
(12分)
アニメーション
 昔話の「さるカニ合戦」を通じて、「いじめ」を考える初期学習アニメーションです。「いじめ」という問題を個々で考え、みんなで話し合うための素材として活用できる作品になっています。 幼児
小学生
教職員
PTA
D-37〔H29〕 1人ぼっちの狼と7ひきの子ヤギ
(18分)
アニメーション
 やさしい心で人に接すれば,その人もきっとやさしい心で接してくれます。この作品を見た子供たちが,そんなやさしい心の人に育ってくれることを願う作品になっています。 幼児
小学生
教職員
PTA
D-38〔H28〕 LGBTを知ろう
(20分)
 LGBTの人たちを取り巻く現状を理解し,職場や教育現場でどのように具体的に取り組んでいけばよいのかを,イラストやデータ,事例などを豊富に盛り込んでわかりやすく解説した作品になっています。 中学生
高校生
教職員
PTA
成人
D-39[H30] 人権の扉をひら
気づいてますか?
身近な人権(25分)
 ミニドラマとナレーションで構成。
 人権を身近に感じてもらうために、生活の中で出会う幅広い人権のテーマを取り上げ、それぞれのテーマでデイスカッションが可能なように構成しています。
教職員成人
企業
D-40[H30] 障害のある子・ない子
違いを認めて助け合おう(18分)
 この作品は、「合理的配慮」とは何か、小学校高学年向けにやさ しく解説し、一人一人の障害の特性や症状に合わせた「合理的配 慮」の仕方を具体的に示します。 
 障害の有無に関わらず、誰もが同じように遊び、学び、生き生き と暮らす権利があることを理解させ、ともに認め合い、助け合って いくことの大切さを訴えています。
小学生(高)
中学生
高校生
PTA
教職員 
D-41[H30] <教職員向け>
「いじめ」を正確に把握する・小学生編(4分)+解説(3分)・中学生編(10分)+解説(4分)
(計21分)
 最初に学校の日常生活で起こりうるシーンを短いでドラマで見せ、その後に、先生たちにそのドラマについて考えてもらい、議論をしてもらいます。 
 「解説」では、教職員に向けた指導のポイントをいじめについての研究者・千葉大学藤川教授が詳しく解説しています。
教職員
D-42[H30] 情報モラルⅠ
ネット社会のルールとマナー
(全6編 計43分)
(1編6~8分)
アニメーション
 ネット社会のルールとマナーを知り、ネットやスマホを安全に安心して利用するための知識が身につく情報モラル教材。

ラインナップ

  • 夢中になりすぎて
  • ホントの友だち
  • かくれた情報
  • 送った写真
  • 乗っ取られたアカウント
  • 甘い言葉のかげに

 

小学生中学生高校生PTA

教職員 

D-43[H30] 情報モラルⅢ
SNSに潜むリスク
(全3編 計21分)
(1編6~8分)
アニメーション
 SNS時代を生きる子どもたちが、取り返しのつかない事態に陥る前に、SNSに潜む危険性や問題点に気づくことができる情報モラル教材です。リスクを知ってSNSと上手につきあう力が身につきます。

ラインナップ

  • やさしさの裏に
  • 失ったもの
  • 広まるうわさ

小学生中学生高校生PTA

教職員

D-44[H30] ①いろいろな性
~好きになる性~
(約15分)
  異性を好きになるか、同性を好きになるか、あるいは誰にも恋愛感情を抱かないといった性的指向を本巻は、同性愛者(ゲイ・レズビビアン)である生徒たちのドラマを見ながら、好きになる性の多様性について考える教材です。 中学生
高校生
PTA
教職員
D-45[H30] ②いろいろな性
~心の性・表現する性~
(約15分)
 体の性と心の性が異なるトランスジェンダー、男でも女でもないと自認するXジェンダー等、心の性、表現する性は実に多種多様です。 
 性的指向や性自認の戸惑いや揺らぎを経験する生徒たちの物語を見て、心の性や表現する性について考えます。
中学生
高校生
PTA
教職員
D-46[H30] ③性的指向と性自認(解説編)
(約15分) 
 統計によると人口の約5%~8%がLGBTであると推測されています。早い段階での教育を待ち望まれていながら、教育現場において正確な知識や理解が追い付いていないという現状があります。 
 本巻では、性の多様性を解説し、LGBTを取り巻く社会の動きなども紹介し、その理解を深めます。
中学生
高校生
PTA
教職員 
D-47[H30] Voice!!(ボイス)
(38分)
 舞台は休日の学校で開かれる「人権の教室」。招待状で招かれた3人の中学生・高校生が「声」を手掛かりに3つの人権のテーマについて学んでいきます。生徒はもちろん、保護者、PTAや青少年育成に関わる方など、幅広い場面で活用できるように構成しています。 中学生
高校生
PTA
教職員
D-48[H30] 「めぐみ」
アニメーション
(約25分) 
 昭和52年、当時中学1年生だった横田めぐみさんが、学校からの帰宅途中に北朝鮮当局により拉致された実際の事件を題材に、残された家族の苦悩や懸命な救出活動の模様を描いたドキュメンタリーアニメです。 中学生
高校生
PTA
教職員
D-49 [R1]

どんぐり森へ

~ひとりにひとつのたからもの~

(15分)

 幼児・児童向け人権啓発アニメーション。

 今日、TV番組やビデオ、TVゲームなどで虚構の世界の「生と死」に頻繁に接している子どもたちは、いのちの尊さに対する感性が希薄化しているといえます。このアニメでは、どんな生き物にもいのちがあり、失うと二度ともどってこないことを学んでいく姿を描いています。

幼児

小学生教職員

D-50 [R1]

※DVD1枚に3作品が収められています。    

第1巻いのちへの讃歌

しらんぷり(21分)

ぼくの青空(26分)

金色のクジラ(25分)

金色のクジラ合唱曲 (2分)

ピアノ伴奏版(1分40秒)

「しらんぷり」は、いじめ問題をテーマにした、心に訴えるアニメーション作品です。

「ぼくの青空」は、難病の筋ジストロフィーの患者である大久保義人さんの闘病生活を綴った作品で、いのちの応援歌として、今もなお私たちの心を打つアニメーションです。

「金色のクジラ」は、白血病の弟のために、自分の骨髄を提供した兄の愛と勇気、家族愛と友情の物語をファンタスティックに描いた名作アニメーションです。

小学生

中学生PTA

教職員  

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 総務課[県庁舎22階]

電話 029-301-5130(人権教育室)  FAX 029-301-5153

E-mail kyoikusomu@pref.ibaraki.lg.jp