茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > 芸術文化・スポーツ > 芸術文化 > 各種総合調査  > 「東関東の盆綱」総合調査事業

「東関東の盆綱」総合調査事業

 盆綱は、茨城・千葉両県にわたって広く分布する盆行事の一つで、子供たちが藁綱を曳いたり担いだりしながら、先祖の霊を送迎する習俗です。藁綱は先祖の霊の依代として扱われますが、その形は龍や蛇に模したものとされ、水神信仰的な性格も見られます。また、先祖の霊の送迎だけでなく、綱引きを行う地域もあり、その形態は一様ではありません。遠く北部九州にも盆綱を行っている地区があり、関連性も注目されます。我が国の盆にまつわる行事や習俗を考えるうえで貴重なものとして、平成27年3月2日、国の「記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財」として選択されました。

 盆綱は県内百数十か所の集落で行われていたという記録がありますが(平成27年度に実施した分布調査等による)、その詳細は分かっていません。少子高齢化が進み、地域のつながりが疎遠になりがちな現代において、盆綱が行なわれているところが年々減少している現状にあります。

 こうした中で、茨城県教育委員会では、今、その多くが失われつつある本県の特徴的な習俗である盆綱について総合調査を行うこととしました。詳細な記録を作成し、その実態を後世に伝えようとするとともに、現在も続いている地区においては、この調査によって盆綱の歴史的、民俗学的価値を改めて認識していただき、行事の存続に意欲的に取り組めるようになることも期待しています。

 

概要

調査期間

 令和元年度から3か年

 

調査範囲

 県内全域(盆綱が現在も行われている水戸市以南から県南、鹿行地区を中心に)を調査対象とします。

 

調査内容

 現在行われている盆綱について、所在(分布)調査を行ない、その中から重要案件(詳細調査対象)を選考して、実施状況の観察、住民からの聞き取り、文献の記録等を整理して、文章、写真、動画により記録します。

 調査項目は、所在地、名称、沿革、実施状況、実施日と時間帯、実施主体者の構成、仏の送迎の有無、活動の状況、行動のルート、綱の制作、伝承の状況、その他関連する事項について、などです。

 これまでに知られていなかった、過去に行われていたとされる盆綱についても、詳細に分布調査を実施し、リストを整理します。

 重要案件以外で現在実施されている盆綱について、上記調査項目のうち、所在地、名称、沿革、実施状況、実施日と時間帯、実施主体者(基本は子供)の構成などについて調査し、記録に残します。

 

調査組織

 県教委が委嘱する調査委員により「東関東の盆綱」総合調査委員会を設置し、委員会での協議に基づき、調査委員及び調査補助員が現地調査、文献調査等を行ないます。

 

調査成果

 調査最終年度に調査の成果をまとめて報告書として刊行します。

 

令和元年度の調査

 調査委員会を立ち上げ、調査方針・方法等の確認、重要案件の選定等を行ない、1年目として、重要案件のうち10市町村15件の詳細調査を行います。

 そのほか、盆綱を実施している地区のうち5市町村13地区について現況確認調査を行います。

 

 調査対象の地区の皆様、当該市町村教育委員会の皆様のご理解、ご協力をお願いいたします。

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(有形・無形文化財担当)  FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp