茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > 芸術文化・スポーツ > 芸術文化 > 県立美術館・博物館 > 令和2年度開催展覧会のご案内

いばらきの県立美術館・博物館
令和2年度開催展覧会のご案内

令和2年3月23日掲載

令和2年度に開催を予定している展覧会です。

※会期・展覧会の内容が変更となる場合があります。詳しくは各美術館・博物館へお問い合わせください。

※( )内は団体料金

施設名 展覧会名称 会期 入館料
近代美術館

名画を読み解く―珠玉の東京富士美術館コレクション展

 

1983年に開館した東京富士美術館が所蔵する西洋絵画コレクションによる展覧会。同コレクションから厳選した珠玉の83点により、西洋絵画の見方や鑑賞のポイントを紹介します。

2月20日(木)~4月12日(日)

  • 3月7日(土)は満70歳以上の方の入館料が無料
  • 長期休業期間中を除く土曜日は、高校生以下の方の入館料が無料
一般:1,110(1,000)円
満70歳以上:550(500)円
高大生:870(730)円
小中生:490(370)円

没後10周年 平山郁夫 シルクロードコレクション展

 

仏教東漸(とうぜん)やシルクロードの文化交流をテーマとして作品を制作し、戦後の日本画壇を牽引した平山郁夫。本展では平山郁夫シルクロード美術館所蔵の平山郁夫の絵画と、取材に同行した夫人と共に集めた彫刻や工芸品により、平山夫妻の歩いた道を辿ります。

4月25日(土)~6月14日(日)

  • 土曜日は、高校生以下の方の入館料が無料
  • 5月23日(土)は満70歳以上の方の入館料が無料
一般:1,110(1,000)円
満70歳以上:550(500)円
高大生:870(730)円
小中生:490(370)円

I蔵品展 名作のつくりかた

 

横山大観、菱田春草、中村彝など、当館イチオシの所蔵作品を中心に、技法や材料、構図などに注目して細部をよみとき、その魅力に迫ります。

7月4日(土)~9月22日(火・祝)

  • 9月15日(火)~21日(月・祝)は満70歳以上の方の入館料が無料
  • 長期休業期間中を除く土曜日は、高校生以下の方の入館料が無料
一般:730(610)円
満70歳以上:360(300)円
高大生:490(370)円
小中生:240(180)円

令和2年度茨城県芸術祭美術展覧会

 

茨城県、茨城県教育委員会、茨城文化団体連合等が主催する全県的な公募展です。日本画・洋画・彫刻・工芸美術・デザイン各部門の入選作品を展示します。※書・写真部門はザ・ヒロサワ・シティ開館で展示します。

10月3日(土)~10月18日(日)  一般:800(720)円
満70歳以上:800(720)円
大学生:800(720)円
高校生以下無料

6つの個展 2020

 

異なる素材を用いる茨城ゆかりの作家による展覧会。それぞれ実績のある個性豊かな6作家、一色邦彦、須藤玲子、野沢二郎、國司華子、アビルショウゴ、塩谷良太による近作、新作を中心に紹介します。

11月3日(火・祝)~12月20日(日)

  • 11月7日(土)は、満70歳以上の方の入館料が無料
  • 11月13日(金)茨城県民の日は、全ての方の入館料が無料
  • 土曜日は、高校生以下の方の入館料が無料
一般:870(730)円
満70歳以上:430(360)円
高大生:610(490)円
小中生:370(240)円

ムーミン コミックス展

 

1954年からイブニング・ニューズ紙に掲載された「ムーミン・コミックス」は大きな人気を博し、掲載は約20年間にわたって続きました。本展では日本初公開となる「ムーミン・コミックス」原画を中心に、スケッチ、ドローイング、資料など計280点余りを紹介します。

1月16日(土)~3月14日(日)

  • 2月20日(土)は、満70歳以上の方の入館料が無料
  • 土曜日は、高校生以下の方の入館料が無料
一般:1,210(1,100)円
満70歳以上:600(550)円
高大生:1,000(870)円
小中生:490(370)円
所蔵作品展

通年(休館日を除く)

  • 長期休業期間中を除く土曜日は、高校生以下の方の入館料が無料
一般:320(240)円
満70歳以上:160(120)円
高大生:240(180)円
小中生:180(120)円
つくば美術館 ギャラリー展   無料(主催者の都合により有料の場合があります)
天心記念五浦美術館

空調設備工事のため休館

8月1日(土)~2月5日(金)
※空調設備工事の状況によって工期が変更になる場合があります。 

   

現代日本画の歩み 天心記念茨城賞の作家たち(仮称)

 

岡倉天心が創立し、横山大観らによって再興された日本美術院の「再興院展」で天心記念茨城賞を受賞した歴代の作品を中心に、現代日本画の一断面を紹介します。

2月6日(土)~3月28日(日)

  • 長期休業期間中を除く土曜日は、高校生以下の方の入館料が無料
  • 空調設備工事の状況によって延期または中止になる場合があります。
料金未定
岡倉天心記念室(天心の遺品・資料のほか大観ら五浦の画家たちの作品も展示)

通年(休館日を除く)

  • 長期休業期間中を除く土曜日は、高校生以下の方の入館料が無料
一般:190(150)円
満70歳以上:90(70)円
高大生:120(80)円
小中生:80(50)円
陶芸美術館

幻の横浜焼・東京焼展

 

田邊哲人氏のコレクションを中心に約150件の作品によって、明治の職人たちによる卓越した技術の全貌に迫ります。

4月18日(土)~6月28日(日)

  • 5月30日(土)は、満70歳以上の方の入館料が無料
  • 土曜日は、高校生以下の方の入館料が無料
一般:730(580)円
満70歳以上:360(290)円
高大生:520(420)円
小中生:260(210)円

青か、白か、-青磁×白磁×青白磁展

 

素材の特性を活かし独自の道を切り拓いてきた近現代の青磁と白磁・青白磁の足どりをたどり、その現在地を探ります。

7月18日(土)~9月27日(日)

  • 9月15日(火)~9月21日(月・祝)は、満70歳以上の方の入館料が無料
  • 長期休業期間中を除く土曜日は、高校生以下の方の入館料が無料
一般:730(580)円
満70歳以上:360(290)円
高大生:520(420)円
小中生:260(210)円

開館20周年記念事業 笠間陶芸大賞展

 

笠間陶芸大賞展は、1部・公募部門と2部・指名コンペ部門で構成し、1部は入選・入賞作を展示し、2部では「生活の器・食器」をテーマに30名の作家による器作品を紹介します。

10月17日(土)~1月17日(日)

  • 11月13日(金)は全ての方の、10月31日(土)は満70歳以上の方の入館料が無料
  • 土曜日は、高校生以下の方の入館料が無料
一般:730(580)円
満70歳以上:360(290)円
高大生:520(420)円
小中生:260(210)円

人間国宝 松井康成と原清展

 

重要無形文化財保持者(人間国宝)の松井康成と原清の作品を数多く所蔵。その中から選りすぐりの作品を紹介し、人間国宝の優れた技術と表現の魅力に迫ります。

2月6日(土)~3月21日(日)

  • 2月27日(土)は、満70歳以上の方の入館料が無料
  • 長期休業期間中を除く土曜日は、高校生以下の方の入館料が無料
一般:520(420)円
満70歳以上:260(210)円
高大生:370(320)円
小中生:210(160)円

コレクション展・テーマ展

 

第1展示室では、コレクション展として、「近現代日本陶芸の展開」と「新収蔵品展」、第2展示室では、テーマ展として「久米みどり展」「里中英人展」「笠間の急須展」を開催します。

通年(休館日を除く)

  • 5月30日(土)、9月15日(火)~9月21日(月・祝)、10月31日(土)、2月27日(土)は、満70歳以上の方の入館料が無料
  • 長期休業期間中を除く土曜日は、高校生以下の方の入館料が無料
一般:320(260)円
満70歳以上:160(130)円
高大生:260(210)円
小中生:160(130)円
自然博物館

さくら展-まだ見ぬ桜(きみ)に逢いに行く-

 

身近な植物であるサクラの種類や特徴、人や他の生きものとのかかわりを紹介することで、サクラの奥深い世界について紹介する。

2月22日(土)~6月7日(日)

  • 3月20日(金・祝)、5月4日(月・祝)、6月5日(金)は、全ての方の入館料が無料
  • 4月18日(土)は、満70歳以上の方の入館料が無料
  • 長期休業期間中を除く土曜日は、高校生以下の方の入館料が無料
一般:750(610)円
満70歳以上:370(300)円
高大生:460(320)円
小中生:150(70)円

深海ミステリー2020-ダイオウイカがみる世界-

 

暗黒、高圧、低温という特殊な環境の深海にくらす多種多様な深海生物を紹介する他、海底の地下資源から深海ゴミなど、深海の現在と未来について幅広く取り上げる。

7月4日(土)~9月22日(火・祝)

  • 7月6日(月)は全ての方の入館料が無料
  • 7月18日(土)、9月15日(火)~9月21日(月・祝)は、満70歳以上の方の入館料が無料
  • 長期休業期間中を除く土曜日は、高校生以下の方の入館料が無料
一般:750(610)円
満70歳以上:370(300)円
高大生:460(320)円
小中生:150(70)円

ブナ展(仮)

 

世界のブナ林から、日本そして茨城のブナ林まで焦点をあて、その生態や保全を考えるきっかけとなる展示を行う。

10月17日(土)~1月31日(日)

  • 11月13日(金)は、全ての方の入館料が無料
  • 1月16日(土)は、満70歳以上の方の入館料が無料
  • 長期休業期間中を除く土曜日は、高校生以下の方の入館料が無料
一般:750(610)円
満70歳以上:370(300)円
高大生:460(320)円
小中生:150(70)円

化石研究所展(仮)

 

化石を研究する方法、化石からわかる生命の進化と絶滅の歴史、そして茨城県の化石研究最前線について紹介する。

2月20日(土)~6月13日(日)

  • 3月20日(土・祝)は、全ての方の入館料が無料
  • 4月17日(土)は、満70歳以上の方の入館料が無料
  • 長期休業期間中を除く土曜日は、高校生以下の方の入館料が無料
一般:750(610)円
満70歳以上:370(300)円
高大生:460(320)円
小中生:150(70)円
常設展示(宇宙のすがたや地球の生いたち、自然のしくみなどを、映像やジオラマ、多くの標本などから紹介しています)

通年(休館日を除く)

  • 長期休業期間中を除く土曜日は、高校生以下の方の入館料が無料
一般:540(440)円
満70歳以上:270(220)円
高大生:340(210)円
小中生:100(50)円
歴史館

企画展1 鹿島神宮の宝-直刀・狛犬・鯰絵、そして祭頭祭・御船祭-
遺跡紹介展 発掘!! いばらき2020-古代豪族大伴氏から水戸城まで-

 

閉館中の鹿島神宮宝物館の宝物の数々を公開します。国宝の「直刀」を始めとする伝世の社宝を紹介します。

「大伴」と書かれた土器や水戸城跡出土資料など県内の最新の考古学の成果を紹介します。

4月11日(土)~6月7日(日)

  • 5月30日(土)・31日(日)は、全ての方の入館料が無料
  • 6月4日(木)は、満70歳以上の方の入館料が無料
一般:350(290)円
満70歳以上:170(140)円
大学生:180(140)円
高校生以下無料

整理期間のため休館

6月22日(月)~7月6日(月)

   

企画展2 戦争と茨城-茨城郷土部隊史料保存会所蔵史料から-

体験プログラム 昔のくらし

 

戦後の半世紀以上、史料の収集・保管に努めてきた茨城郷土部隊史料保存会の史料など、茨城にかかわる戦争関係史料を紹介します。

あなたにとって昭和はどれくらい昔?古い道具や絵から、昔のくらし+カルチャー(生活文化)を体感しよう。

7月18日(土)~9月22日(火・祝)

  • 9月15日(火)~9月21日(月・祝)は、満70歳以上の方の入館料が無料
一般:350(290)円
満70歳以上:170(140)円
大学生:180(140)円
高校生以下無料

特別展Ⅰ Jomon Period-縄文の美と技、成熟する社会-

 

縄文時代の美しい造形で技術的にも卓越した品々を紹介します。また、ムラとムラが結びつき、 成熟していく縄文社会の様相に迫ります。

10月10日(土)~11月29日(日)

  • 11月13日(金)は、全ての方の入館料が無料
一般:610(490)円
満70歳以上:300(240)円
大学生:320(240)円
高校生以下無料

企画展3(アーカイブズ展) 徳川斉昭と弘道館・偕楽園
体験プログラム 昔のくらし

 

徳川斉昭によって創設され、日本遺産にも認定された弘道館と偕楽園を斉昭に関する資料を交えてその特色を紹介します。

あなたにとって昭和はどれくらい昔?古い道具や絵から、昔のくらし+カルチャー(生活文化)を体感しよう。

12月15日(火)~1月31日(日)

  • 12月24日(木)は、満70歳以上の方の入館料が無料
一般:350(290)円
満70歳以上:170(140)円
大学生:180(140)円
高校生以下無料

特別展Ⅱ 鋼と色金-茨城の刀剣と刀装-

 

茨城県に産した刀剣類の優品を中心に、郷土の刀剣文化を物語る史資料を紹介します。

2月20日(土)~4月11日(日)

  • 3月4日(木)は、満70歳以上の方の入館料が無料
一般:610(490)円
満70歳以上:300(240)円
大学生:320(240)円
高校生以下無料
上記以外 通年(休館日・休室期間を除く) 一般:160(130)円
満70歳以上:80(60)円
大学生:80(60)円
高校生以下無料

※ 会期・展覧会の内容等が変更となる場合がありますので、詳しくは各美術館・博物館へお問い合わせください。
※ 印刷はこちらからどうぞ 令和2年度開催予定企画展等一覧【PDF:180KB】

 

関連情報

県立美術館・博物館の展覧会情報

 

お問い合わせ

近代美術館 水戸市千波町東久保666-1 電話:029-243-5111 FAX:029-243-9992
つくば美術館 つくば市吾妻2-8 電話:029-856-3711 FAX:029-856-3358
天心記念五浦美術館 北茨城市大津町椿2083 電話:0293-46-5311 FAX:0293-46-5711
陶芸美術館 笠間市笠間2345 電話:0296-70-0011 FAX:0296-70-0012
自然博物館 坂東市大崎700 電話:0297-38-2000 FAX:0297-38-1999
歴史館 水戸市緑町2-1-15 電話:029-225-4425 FAX:029-338-4277

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5445(芸術文化担当)  FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp