茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > 芸術文化・スポーツ > 芸術文化 > 県立美術館・博物館 > 県立美術館・博物館の展覧会情報

県立美術館・博物館の展覧会情報

 茨城県では、新型コロナウイルス感染拡大の防止を目的として「いばらきアマビエちゃん」を導入しました!

 「いばらきアマビエちゃん」は感染者が発生した際に、感染者と同じ日に同じ施設を利用していた方に対して、県から注意喚起のメールを送付するシステムです。

 いばらきアマビエちゃん登録店は県のガイドラインに沿って感染防止対策に取り組んでいます。お出かけの際は、いばらきアマビエちゃん登録店を利用しましょう。

 

 詳しくはこちら(ホームページ)

 登録の方法はこちら(動画)

登録にご協力くださいかわいいアマビエちゃん正面

県立美術館・博物館の展覧会情報

▼館名をクリックすると、各館の展覧会情報にジャンプします。

 

▼以下の各館の情報はクリックすると、各館のホームページに移動します。

茨城県近代美術館

近代美術館

〒310-0851 水戸市千波町東久保666-1  TEL 029-243-5111

 

現在開催中及び近日開催の展覧会

展覧会名

日本画の150年 明治から現代へ

解説

 様々な分野で西洋化が進められた明治時代、伝統を継承しつつ西洋絵画の表現も取り入れ、新しい絵画を作り出そうとする動きがおこりました。その志は芸術の自由を標榜した大正時代、古典が見直された昭和前期、価値観が変化する中で表現を模索した昭和後期を経て現代に受け継がれています。本展では伝統を基盤としながら革新的な試みが続けられてきた日本画150年の歩みをたどります。

開催期間

令和3年4月17日(土曜日)~6月20日(日曜日)
休館日:月曜日 ただしGW中の5月3日(月曜日祝日)は開館、5月6日(木曜日)休館

入館料

一般

610(490)円

70歳以上

300(240)円

高校・大学生

370(320)円

小・中学生

240(180)円

※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保険福祉手帳及び指定難病特定医療費受給者証の交付を受けている方並びに付添の方(ただし1人まで)は無料

※土曜日は高校生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金

※満70歳以上の方は、6月5日(土曜日)は無料。
※予約優先制【入場はオンラインで「日時指定WEB整理券」(無料)を取得された方が優先となります】
予約は、来館の1ヶ月前より可能です(各時間の定員に達し次第、締め切りとなります。)
詳細は美術館HPをご覧ください。

 

▲このページのトップへ

 

茨城県つくば美術館

つくば美術館

〒305-0031 つくば市吾妻2-8  TEL 029-856-3711

 

貸しギャラリー展覧会

 展示室を一般に貸し出し、貸しギャラリーによる展覧会を実施しております。主催者の都合により、展覧会が中止となることも予想されますので、お出かけの際には、つくば美術館のホームページでご確認ください。

 

展覧会名

ギャラリー展覧会

開催期間

展示により異なります。

入館料  

展示により異なります。
詳細は美術館ホームページでご確認ください。

 

参加型の企画のご案内

 

茨城県天心記念五浦美術館

天心記念五浦美術館

〒319-1703 北茨城市大津町椿2083   TEL 0293-46-5311

 

空調設備工事のため休館

令和2年8月1日(土曜日)~令和3年4月23日(金曜日)
※空調工事の状況によって工期が変更になる場合があります。

 

 

茨城県陶芸美術館

陶芸美術館

〒309-1611 笠間市笠間2345  TEL 0296-70-0011

 

現在開催中及び近日開催の展覧会

展覧会名

オールドノリタケ×若林コレクション
アールヌーヴォーからアールデコに咲いたデザイン

解説

 このたび茨城県陶芸美術館では、日本屈指のオールドノリタケコレクションである、若林コレクションの優品を紹介します。オールドノリタケとは、名古屋を拠点とする株式会社ノリタケカンパニーリミテドのルーツ、森村組および日本陶器によって、明治中期から第二次世界大戦期にかけて製作・販売・輸出された陶磁器を指します。本展覧会では、欧米に学びながらも独創的な表現を拓いたオールドノリタケの陶磁器やデザイン画など250件を「モチーフ」、「スタイル」、「テクニック」、「ファンクション」の4つの観点から読み解きます。多種多様な意匠、技法、器種を網羅する若竹コレクションから、オールドノリタケの多様性をご覧ください。

開催期間

令和3年4月17日(土曜日)~令和3年6月27日(日曜日)

※5月3日(月曜日祝日)は開館し、5月6日(木曜日)は休館。

入館料

一般

840(680)円

70歳以上

420(340)円

高・大学生

630(520)円

小・中学生

320(260)円

※( )内は20名以上の団体料金。

※毎週土曜日は、小・中・高校生は入館無料。
※5月29日(土曜日)は満70歳以上の方は入場無料。

 

展覧会関連 参加型の企画のご案内

イベント・普及活動(展覧会関連以外のイベントを含む)

 

茨城県立歴史館

茨城県立歴史館

〒310-0034 水戸市緑町2-1-15  TEL 029-225-4425

 

現在開催中及び近日開催の展覧会

展覧会名

特別展Ⅱ 鋼(はがね)と色(いろ)金(がね) ― 茨城の刀剣と刀装 ―

解説

 「鋼」とは、鉄と炭素を主とする合金です。その語源は「刃金」にあるといわれ,文字どおり刃物の原材料として古くから利用されてきました。日本刀も、この鋼を材につくられる刀剣です。「色金」とは、赤銅や四分一、真鍮などの多種の金属の総称です。これらの色金は、金属でありながら、深い黒色や黄土色、朱色などの多彩な色合いを呈します。中世以降、特に日本刀の外装=刀装の分野において、色金の利用が活発化したことで、日本の金属工芸における色彩表現の幅は大きく拡張されていきました。

 近世以前、茨城は刀剣・刀装の一大生産地でした。本展では、当地に産した刀剣・刀装・刀装具の優品を展示するとともに、郷土の刀剣文化を物語る史資料や、古社・大名由来の名刀も合わせて紹介いたします。千変万化の鋼と多種多様な色金が織りなす美の世界をご堪能下さい。

開催期間

令和3年2月20日(土曜日)~4月11日(日曜日)

入館料

一般

610(490)円

満70歳以上

300(240)円

大学生

320(240)円

※高校生以下、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者福祉手帳及び指定難病特定医療費受給者証をご持参方は無料

※( )内は20名以上の団体料金

※満70歳以上の方は、3月4日(木曜日)は無料

※新型コロナウイルス感染症対策のため、入館人数の制限を行う場合や、イベント等が変更・中止になる場合があります。

 

ミュージアムパーク茨城県自然博物館

自然博物館

〒306-0622 坂東市大崎700  TEL 0297-38-2000

 

現在開催中及び近日開催の展覧会

展覧会名

第80回企画展 化石研究所へようこそ!

解説

 化石とは、大昔の生物の体や生きていたあとが、砂や泥に埋もれて地層の中に保存されたものです。化石には、恐竜の骨、植物の葉、貝殻、ウンチや足跡などもあります。これらの化石を調べて、大昔の生物の姿や生活のようす、進化の歴史などを研究する学問を「古生物学」と言います。今回の企画展では、博物館の舞台裏とも言える「収集・保管・研究」の過程について詳しく解説する展示を用意しました。来館者のみなさんには、ぜひ古生物学者になった気分で化石を観察し、大昔に存在した生物について考えを巡らせながら展示を楽しんでいただけると幸いです。

開催期間

令和3年2月27日(土曜日)~6月13日(日曜日)

※5月3日(月曜日・祝灯)は開館し、5月6日(木曜日)は休館

入館料

一般

750(610)円

70歳以上

370(300)円

高・大学生

460(320)円

小・中学生

150(70)円

※( )内は20名以上の団体料金

※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者福祉手帳及び指定難病特定医療費受給者証を持参の方は無料

※毎週土曜日は、小・中・高校生は入館無料(ただし、春休み期間を除く)
※3月20日(春分の日)、5月4日(みどりの日)、6月5日(環境の日)は無料
※4月17日(土)は満70歳以上の方は入場無料

※土・日・祝日は、有料・無料問わずすべてのお客様は入館のためのオンラインによる事前予約が必要となります。詳しくは、ホームページをご覧ください。

 

  • 上記企画展の他に常設展も開催しています。(つくば美術館を除く。)
  • 入館料の( )内は20名以上の団体料金です。
  • 休館日 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合には翌火曜日が休館日となります。)

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5445(芸術文化担当)  FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp