茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > 芸術文化・スポーツ > 芸術文化 > 県立美術館・博物館 > 県立美術館・博物館の展覧会情報

県立美術館・博物館の展覧会情報

 茨城県では、新型コロナウイルス感染拡大の防止を目的として「いばらきアマビエちゃん」を導入しました!

 「いばらきアマビエちゃん」は感染者が発生した際に、感染者と同じ日に同じ施設を利用していた方に対して、県から注意喚起のメールを送付するシステムです。

 いばらきアマビエちゃん登録店は県のガイドラインに沿って感染防止対策に取り組んでいます。お出かけの際は、いばらきアマビエちゃん登録店を利用しましょう。

 

 詳しくはこちら(ホームページ)

 登録の方法はこちら(動画)

登録にご協力くださいかわいいアマビエちゃん正面

県立美術館・博物館の展覧会情報

▼館名をクリックすると、各館の展覧会情報にジャンプします。

 

▼以下の各館の情報はクリックすると、各館のホームページに移動します。

茨城県近代美術館

近代美術館

〒310-0851 水戸市千波町東久保666-1  TEL 029-243-5111

 

現在開催中及び近日開催の展覧会

展覧会名

いわさきちひろ展

解説

 「世界中のこどもみんなに 平和と しあわせを」と願い、生涯にわたって子どもを描き続けた画家・いわさきちひろ(1918~1974)。美しく清らかな色彩に満ち、巧みな描写力に裏付けられたちひろの作品は、没後約半世紀を経た現在でも色あせることはありません。そのやさしさにあふれた作品のイメージの一方で、戦争を経験し、戦後の困難な時代に絵描きとして生きることを選んだちひろの人生は決して平坦なものではなく、一人の女性として力強く55年の生涯を駆け抜けました。本展では、童画家として世に出たちひろが、次第に絵本画家として才能を開花させ、『あめのひのおるすばん』(1968年、至光社)等によって絵本の世界に新境地をもたらすに至る、その生涯と作品を、約120点の原画と豊富な資料によりご紹介します。

開催期間

令和3年7月24日(土曜日)~8月29日(日曜日)

休館日:月曜日 ただし、8月9日(月曜日・振休)は開館、翌10日(火曜日)休館

入館料

一般

1,100(1,000)円

70歳以上

550(500)円

高校・大学生

870(730)円

小・中学生

490(370)円

※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳又は指定難病特定医療費受給者証の交付を受けている方並びに付添の方(ただし1人まで)は無料

※夏休み期間を除く土曜日は高校生以下無料

※予約優先制【入場はオンラインで「日時指定WEB整理券」(無料)を取得された方が優先となります】

 

予約は、来館の1か月前より可能です(各時間の定員に達し次第、締め切りとなります。)
詳細は美術館HPをご覧ください。

 

▲このページのトップへ

 

茨城県つくば美術館

つくば美術館

〒305-0031 つくば市吾妻2-8  TEL 029-856-3711

 

貸しギャラリー展覧会

 展示室を一般に貸し出し、貸しギャラリーによる展覧会を実施しております。主催者の都合により、展覧会が中止となることも予想されますので、お出かけの際には、つくば美術館のホームページでご確認ください。

 

展覧会名

ギャラリー展覧会

開催期間

展示により異なります。

入館料  

展示により異なります。
詳細は美術館ホームページでご確認ください。

 

参加型の企画のご案内

 

茨城県天心記念五浦美術館

天心記念五浦美術館

〒319-1703 北茨城市大津町椿2083   TEL 0293-46-5311

 

現在開催中及び近日開催の展覧会

展覧会名

筑波大学 日本画40年の軌跡

解説

 昭和48年(1973)、茨城県つくば市に開学した筑波大学に芸術専門学群が設置されたのは、2年後の昭和50年のことでした。開設から程なくして日本画に関するカリキュラム導入が検討され、西村昭二郎が教授として招かれます。そして昭和62年、同学群絵画コースから日本画コースが独立し、以来、国立の総合大学として唯一の、また茨城県内唯一の日本画の専門教育機関として、多くの日本画家や美術教師などを輩出してきました。

 本展では、日本画コースの歴代教員8名による作品を展示し、同大学の日本画教育の歩みとその現況を紹介します。8人の日本画家は教鞭を執りながら、それぞれ個性豊かな作品の創造者として活躍してきました。 その作品はまた、昭和50年代より最先端の研究者が集う筑波研究学園都市の空気をも映し出しているでしょう。急速な変化を遂げるつくばの地で育まれてきた、瑞々しい日本画表現をお楽しみください。

開催期間

6月12日(土曜日)~7月18日(日曜日)休館日:月曜日 

入館料

一般

320(260)円

70歳以上

160(130)円

高校・大学生

210(150)円

小・中学生

150(100)円

※6月12日(土曜日)は満70歳以上の方は、無料

※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳又は指定難病特定医療費受給者証の交付を受けている方並びに付添の方(ただし1人まで)は無料

※土曜日は高校生以下無料

 

 

茨城県陶芸美術館

陶芸美術館

〒309-1611 笠間市笠間2345  TEL 0296-70-0011

 

現在開催中及び近日開催の展覧会

展覧会名

土イジり

解説

 陶磁器の材料である粘土の最大の特長は、可塑性といわれる「ものをカタチづくる」性質です。本展では、「土イジり」をキーワードに、「どろどろ」など、様々に変化する土の状態に着目します。作家それぞれが土という素材に向き合い、どのようにして作品に生かしたか、「ちぎる」「よじる」「切る」「積む」「あぶる」「いぶす」「けずる」「組み上げる」などの観点から、現代陶芸の「カタチ」を紹介します。

 陶芸は、身近にもかかわらず、絵画や彫刻にくらべて鑑賞の難易度が高いフィールドと言われます。それは実用と表現との不明瞭な関係が鑑賞者を戸惑わせるからだと考えます。本展では、陶芸を少しでも「分かりやすく楽しめる」ようにパネルや映像機器を用い、制作の工程を併せて展示したり、展示室内や館入口前の屋外などに大型作品をダイナミックに展示したりすることで、作者と鑑賞者とがそれぞれに持つ「土」のイメージを共有しながら観覧できるような展示を工夫して紹介します。

 また、地元地域の教育機関などと連携しながら、実際の「土イジり」が体験できるような関連行事など、3つのワークショップを開催することで、「土イジり」の、ひいては「陶芸」の楽しさ、奥深さを参加者に味わってもらえるような展覧会を目指します。

開催期間

令和3年7月17日(土曜日)~9月26日(日曜日)

休館日:月曜日(ただし、8月9日、16日、9月20日は開館)、8月10日(火曜日)、9月21日(火曜日)

入館料

一般

730(580)円

70歳以上

360(290)円

高・大学生

520(420)円

小・中学生

260(210)円

※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳又は指定難病特定医療費受給者証の交付を受けている方並びに付添の方(ただし1人まで)は無料

※夏休み期間を除く土曜日は高校生以下無料

※9月15日(水曜日)~9月20日(月曜日)は満70歳以上の方は無料

 

展覧会関連 参加型の企画のご案内

イベント・普及活動(展覧会関連以外のイベントを含む)

 

茨城県立歴史館

茨城県立歴史館

〒310-0034 水戸市緑町2-1-15  TEL 029-225-4425

 

現在開催中及び近日開催の展覧会

展覧会名

企画展2(アーカイブズ展)
絵図・地図・アーカイブ図― 描かれた茨城の都市と村 ―

解説

 空間を図的に表現する絵図や地図は、都市や村の歩みをたどるのに大変適した資料です。本展では、色鮮やかに描かれた近世絵図から機能別に作製された近代までの古地図を紹介し、茨城の都市や村の歩みを測量技術の歴史とともに振り返ります。

開催期間

令和3年7月15日(木曜日)~9月5日(日曜日)

休館日:月曜日 ただし8月9日(月曜日・振替休日)は開館、8月10日(火曜日)

入館料

一般

350(290)円

満70歳以上

170(140)円

大学生

180(140)円

※7月29日(木曜日)は、満70歳以上の方は無料

※( )内は20名以上の団体料金

※高校生以下、並びに身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、指定難病特定医療費受給者証の交付を受けている方と付き添いの方(ただし1名まで)は無料

 

ミュージアムパーク茨城県自然博物館

自然博物館

〒306-0622 坂東市大崎700  TEL 0297-38-2000

 

現在開催中及び近日開催の展覧会

展覧会名

第81回企画展 
毒をもつ生きものたち―生き残りをかけた大作戦!―

解説

 生きものにとって「毒」は、獲物を捕らえたり自分の身を守ったりする武器の1つです。その毒の成分や利用の仕方は多様で、生き残りをかけたさまざまな戦略を垣間見ることができます。一方で人間は、毒をもつ生きものを薬や食材として利用し、自分たちの生活に活かしてきました。本企画展では、毒をもつさまざまな生きものを紹介するとともに、人間との関わりについても取り上げます。「怖い!でも見てみたい!」毒をもつ生きものがもつ、恐怖をこえた不思議な魅力を、ぜひ味わってください。

開催期間

令和3年7月10日(土曜日)~9月20日(月曜日・祝日)

休館日:月曜日 ただし8月9日(月曜日・振替休日)、8月16日(月曜日)、9月20日(月曜日・祝日)は開館。8月10日(火曜日)休館

※土曜日・日曜日・祝日及び8月11日(水曜日)、12日(木曜日)、13日(金曜日)、16日(月曜日)は、有料・無料を問わず、すべてのお客様は入館のための事前予約が必要となります。詳しくは茨城県自然博物館のホームページをご覧ください。

入館料

一般

750(610)円

70歳以上

370(300)円

高・大学生

460(320)円

小・中学生

150(70)円

※( )内は20名以上の団体料金

※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、指定難病特定医療費受給者証持参の方と付き添いの方(ただし1名まで)は無料

※毎週土曜日は、小中高校生は無料(ただし、夏休み期間を除く)

※7月17日、9月15日~20日は満70歳以上の方は無料

 

  • 上記企画展の他に常設展も開催しています。(つくば美術館を除く。)
  • 入館料の( )内は20名以上の団体料金です。
  • 休館日 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合には翌火曜日が休館日となります。)

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5445(芸術文化担当)  FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp