茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口

旧共楽館(日立武道館)

二水会館

 

名称 旧共楽館(日立武道館)(平成11年7月8日登録)
     
所在 日立市白銀町2-21-15
     
所有者 日立市
     
建築年代 大正6年
     
構造 木造2階建、鉄板葺
     
建築面積 1,200m2
     
特徴

 旧共楽館は、明治末期から大正期にかけて日立鉱山の発展に伴い、鉱業都市の商業中心地として栄えた地区の中心に位置しており、「共に楽しむ」の命名のごとく、日立鉱山従業員や地域住民の厚生・慰安施設として日立鉱山により建築された。 設計は日立鉱山の設計技師であり、東京・歌舞伎座の構造を模して造られ、西欧の構造力学を応用し幅22mの大スパンを実現している。また、唐破風の屋根や格天井などには伝統的日本建築の意匠が見られる。当時1階は長椅子席、2階は畳席で、回り舞台や花道があり、約1,800人が入場できたという(内部の椅子席や畳席、舞台、花道などは武道館への改修時に取り去られている)。 共楽館では、歌舞伎・歌謡ショー・映画会などが開かれ、当時の日立地方において、文化の向上と娯楽の場として果たした役割は大きい。しかし、戦後のテレビの普及や新しい娯楽の出現とともに、昭和30年後半には芸能の興業や映画などが打ち切られ、その後町内会や学校の集会、講習会などに使用されてきた。昭和42年10月1日に日本鉱業株式会社から日立市に建物が寄贈され、内部を一部改装し、現在に至るまで日立武道館として市民に利用されている。

 

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(有形・無形文化財担当) 029-301-5447(埋蔵文化財担当)

FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp