茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口

高久家住宅店舗

高久家住宅店舗

 

名称 高久家住宅店舗(平成14年8月21日登録)
     
所在 桜川市真壁町大字真壁191番地
     
所有者 個人
     
特徴

 高久家は真壁町の中心部、下宿通りと通称「御陣屋前通り」の交差点の北東角に位置し、下宿通りに面して店舗を開いている。高久家が関西から真壁に移り住んだのは、16代前と伝えられているが、当初の職種や、いつ頃からこの地に店を構えたかは明らかではない。先代までは肥料商を営んでおり、現存する店舗は先代が生まれる前から存在していたという。部材の古さからみても明治期に建築されたものと考えてよいだろう。なお、戦後は商売を止め、平成9年までは住居として使用されていた。
 店舗は寄棟・平入り・桟瓦葺の2階建で、桁行6間・梁間3間半、1階前面に奥行1間の下屋庇を張り出している。さらに背後(北側)にも、台所や浴室、納戸などの平屋部分を接続するが、増改築された部分が目立っている。
 1階正面は、右端半間を除けば全面開放で、2間おきに柱を立て、その間に引違いのガラス戸(後補)が建てられている。2階正面には、2間づつの中央に小さな角窓が合計3箇所開かれているが、建具はやはり後補である。1階内部は、東側が奥行1間の土間と、その奥に6畳と8畳の座敷が続く。8畳の座敷は当初の面影をよく留めており、床・違い棚・付書院を完備し、長押を廻して釘隠を打った本格的な造りである。西側4間は、奥行3間の広い土間となり、その奥に6畳と4畳半の座敷及び奥に通じる通路が設けられているが、壁や天井、建具などはすべて改装されている。2階内部は東側に6畳と8畳の座敷が設けられているが、西側は小屋組を現した板敷の物置である。
 高久家店舗は、伝統的な関東の町屋の典型であり、規模も大きい。御陣屋前通りを挟んで向かい合う鶴屋(登録文化財潮田家住宅)とともに、真壁町中心分の街並み景観を特徴付ける貴重な遺構である。

 

名称 登録番号 構造 建設年代
高久家住宅店舗 第08-0069号 木造二階建 138m2 明治時代

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(有形・無形文化財担当) 029-301-5447(埋蔵文化財担当)

FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp