茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口

岡倉天心旧宅・庭園及び大五浦・小五浦

  

▲小五浦から見た岡倉天心旧宅・庭園(左:旧宅 右:六角堂)(北茨城市教育委員会提供)

 

名称 岡倉天心旧宅・庭園及び大五浦・小五浦 (平成26年3月18日登録)
     
所在地 茨城県北茨城市大津町
     
面 積 42,467.28平方メートル
     
所有者

国立大学法人茨城大学(民有地:岡倉天心旧宅・庭園)

国土交通省(国有地:大五浦・小五浦)

     
文化財の概要

 近代日本美術の発展や文化財保護に多大な功績を残した岡倉天心(本名覚三(かくぞう)、1862~1913)が転居した地。邸内には現在、居宅、長屋門、六角堂をはじめ、天心が造った庭園がある。居宅から見える大五浦・小五浦は大小の岩礁が点在する豊かな風致景観を成している。
 岡倉天心は日本の美術思想家で、明治31年(1898)に東京美術学校校長を辞職後、日本美術院を設立し、明治36年に五浦に転居した。その後1年間のボストン滞在から戻った天心は邸宅の大改造に着手した。
 天心邸の敷地は、なだらかに海へと傾斜する固い岩盤上にあり、一部はダイナマイトを用いて造成された。当時の建物のうち、母屋の中心部分や長屋門は現在も残る。また、眼前に広がる太平洋(大五浦・小五浦)とそこに点在する岩礁も庭園の要素として取り込まれている。
 以上のように、本遺跡・庭園は日本近代の美術の歴史及び造園文化の発展に寄与した意義深い事例である。


 

 

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(有形・無形文化財担当) 029-301-5447(埋蔵文化財担当)

FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp