茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
民俗芸能関係
あんばばやし

あんば囃し

 遠い昔から大杉神社は航海、漁労の守護神としてのほか、疱瘡にも利益があるといい伝えられ、疱瘡(天然痘)流行の兆しがあると人々は神社の人面(天狗の面)を借り出して集落や村の内外を鉦、太鼓などをかき鳴らして悪疫退散を祈って廻ったのが、はやしの原型だといわれている。
 あんば信仰は太平洋岸や利根川水系を主に伝播しましたが、これに伴ってはやしも流布された。
 近世に入っても享和の頃には神社の江戸出開帳に随行し、浅草・深川・吉原などで大評判となり、その筋から立ち退きを命ぜられるというエピソードも残っているほどである。
 はやしは、八幡山と磯辺で構成されている。

 

 

あんば囃し

 

あんば囃し

 

指定年月日 昭和53年1月31日
所在地 稲敷市
管理者 あんば囃子保存会

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(有形・無形文化財担当) 029-301-5447(埋蔵文化財担当)

FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp