茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > 芸術文化・スポーツ > 芸術・文化 > いばらきの文化財 > いばらきの文化財一覧(国指定) > 国指定文化財 彫刻 > 木造 観世音菩薩立像(寺伝延命観音像)附前立尊1躯
国指定文化財 彫刻
もくぞう かんぜおんぼさつりゅうぞう(じでんえんめいかんのんぞう)つけたりぜんりゅうそん

木造 観世音菩薩立像(寺伝延命観音像)附前立尊1躯

 本尊は、榧(かや)材を用いた一木造で、内刳(うちぐり)もなく、両側各臂(ひ)の上膊部(じょうはくぶ)をまとめて一材に刻み、肩に矧付け(はぎづけ)、各手の前膊部はそれぞれ手先と共木(ともぎ)に彫り、これを肘で矧付けています。
 その簡古な構造に加えて翻波(ほんぱ)をまじえた衣褶(いしゅう)の鎬立(しのぎた)った彫法は、いわゆる平安初期一木彫像(いちぼくちょうぞう)の風にならうものです。
 また、天衣や裳の縁にうねうねと反りを設けた刀法など、一種の地方作風ともいうべき特色があります。
 附の前立尊は、本尊にならう造顕のものと思われますが、脇手(わきて)は六臂(ろっぴ)につくられています。
 構造も寄木造となり、製作は、鎌倉時代のものでしょう。

 

地図

 

木造 観世音菩薩立像(寺伝延命観音像)附前立尊1躯

 

指定年月日 明治44年8月9日
所在地 桜川市本木1
管理者 楽法寺
制作時期 本尊 平安時代
附前立尊 鎌倉時代

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(有形・無形文化財担当) 029-301-5447(埋蔵文化財担当)

FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp