茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
国指定文化財 天然記念物
あらかわのじいすぎ

安良川の爺スギ

 安良川八幡宮の境内にある爺スギは、推定年齢が、約1000年といわれ、高さ42m、幹回り約10mと県内第一の巨古木であり、大正13年(1924)に国の天然記念物に指定されました。
 近年、樹勢の衰えが激しくなり、県林業試験場や県教育委員会などが調査したところ、落雷が主な原因と見られる樹勢衰退で、根元が大きく空洞化し、幹の5分の1しか生きていないことがわかりました。
 このまま枯死が進むのを放置しておくと、倒木などで本殿・拝殿や参拝者に被害が及ぶ可能性もあるため、伐採するか、何らかの措置をとって延命させるかで論争が行われましたが、国・県・市によって幹の先端部10mの切除が行われ、当面の保存と延命が図られることになりました。
 現在の爺スギは、倒木を防ぐために幹の3方にワイヤを張って固定されています。

 

地図

 

安良川の爺スギ

 

指定年月日 大正13年12月9日
所在地 高萩市安良川1173
管理者 八幡宮

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(有形・無形文化財担当) 029-301-5447(埋蔵文化財担当)

FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp