茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
国指定文化財 史跡
ふなつかやまこふん

舟塚山古墳

 前方部の低い比較的古い型式を示す前方後円墳で、後円部は三段に構築され、全長約186m、前方部の幅100m、高さ10m、後円部の高さ11m、径90mの大古墳です。
 この古墳の南は高浜の入江を望み、その西には筑波の霊峰をあおぎみることが出来る景勝の地にあります。
 付近には、全長約96mの前方後円墳である府中愛宕山古墳を含む、古墳群を形成しており、この地方が古代文化の中心をなしていたことが考えられます。
 古墳の被葬者はあきらかでありませんが、茨城国造(いばらきのくにのみやつこ)の墳墓であろうと推定されています。

 

地図

 

舟塚山古墳

 

指定年月日 大正10年3月3日
所在地 石岡市根本597
管理者 石岡市

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(有形・無形文化財担当) 029-301-5447(埋蔵文化財担当)

FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp