茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
国指定文化財 史跡
かわらづかかまあと

瓦塚窯跡

 瓦塚窯跡は、古代常陸国の窯跡である。昭和43年以降の
調査により、南北130m、東西80mの範囲に合計35基の窯が築かれたことが判明した。操業は7世紀前葉から10世紀前葉に及ぶ。

 窯構造は大半が地下式窖窯(あながま)である。7世紀前葉から中葉の須恵器生産に際して窯としての操業が始まり、8世紀前葉には須恵器とともに茨城廃寺(ばらきはいじ)の瓦を生産する瓦陶兼業窯となった。8世紀中葉の新しい段階には瓦専業窯となって、窯の数が増えるなど窯場としての規模が拡大し、瓦生産の画期を迎える。9世紀以降には瓦塚窯跡が国府窯として常陸国の中心瓦窯となり、茨城郡外の寺院にも瓦を供給するようになる。10世紀前葉には多数の窯が比較的短期間ごとに作りかえられつつ常陸国分寺の終焉まで操業される。

 このように、瓦塚窯跡は古代常陸国における瓦生産の導
入過程から、常陸国府・常陸国分寺の造瓦体制の確立及び
終焉までを一遺跡で知ることができる点で重要であるとと
もに、一つの瓦窯としては窯の基数や密度においても突出
し、遺存状態も非常に良好である。

 

地図

 

瓦塚窯跡 遠景瓦塚窯跡 遠景

窯跡検出状況(8世紀後葉)窯跡検出状況(8世紀後葉)

 

指定年月日 平成29年10月13日
所在地 石岡市部原
管理団体 石岡市
時期 7~10世紀

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(有形・無形文化財担当) 029-301-5447(埋蔵文化財担当)

FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp