茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
国指定文化財 特別史跡
ひたちこくぶんにじあと

常陸国分尼寺跡

 常陸国分尼寺跡は、常陸国分寺跡の西北方500m離れた所にあります。一般に国分尼寺は、国分寺より早く頽廃したらしく、今日ではその遺跡すらどこにあるのか判明していない所が多いのが現状です。
 尼寺は法華滅罪之寺と称し、法華経の功徳をもって、未来成仏を念願したものです。
天正18年(1590)佐竹氏が大掾氏(だいじょうし)を府中城に攻めたとき、国分寺と同じく焼失したといわれ、今はただ礎石群を残すのみです。
尼寺跡は、南より中門跡・金堂跡・講堂跡の3か所の礎石群が一直線上に位置し、基壇上にあって保存されており、全国的に見て極めて貴重な遺跡です。

 

地図

 

指定年月日 昭和27年3月29日
所在地 石岡市若松3-1
管理者 石岡市教育委員会

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(有形・無形文化財担当) 029-301-5447(埋蔵文化財担当)

FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp