茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
国指定文化財 史跡
にいはりはいじあとつけたりうえのはらがようあと

新治廃寺跡附上野原瓦窯跡

 新治郡衙跡(にいはりぐんがあと)の北200~300mの所に位置し、近くに上野原瓦窯跡があります。
 新治廃寺跡は小貝川左岸の台地西縁にあり、寺域南端を国道50号線が走っています。現在、東塔跡・西塔跡・金堂跡・講堂跡などの基壇が残されています。東塔跡の基壇上には心礎があり、金堂跡の礎石もよく残っています。
 昭和14年(1939)より三回にわたって調査が行われ、遺構の性格が明らかになりました。
 伽藍配置は中央に金堂があり、その左右同一線上に東西両塔、北方に講堂があります。中門より起こる回廊は、講堂の後方で結び終わります。いわゆる薬師寺式伽藍配置に近い特殊な形で、新治廃寺式と呼ばれているものです。
 瓦類は多くの種類がありますが、その系統は下野薬師寺系に属し、結城廃寺跡とも強い関係があります。
往時の遺構をよくとどめる遺跡で、指定面積は37,958㎡(約3.8ha)です。

 

地図

 

指定年月日 昭和17年7月21日
所在地 筑西市久地楽563ほか
管理者 筑西市
時代 奈良時代前期末頃

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(有形・無形文化財担当) 029-301-5447(埋蔵文化財担当)

FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp