茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
国指定文化財 史跡
おだじょうあと

小田城跡

 宝篋山(ほうきょうざん)の南にある小田氏の築いた平城で、延元3年・暦応元年(1338) 10月、北畠親房(きたばたけちかふさ)の入城により一時関東地方における南朝方の中心となりました。
 特に親房が小田城にいるときに『神皇正統記』を著し、南朝方の正統性を主張したことで有名です。
 本丸跡は周囲に土塁跡が残り、堀に囲まれています。
 そられの外側にもさらに曲輪(くるわ)・堀跡がめぐっています。
 堀跡は水田などになっているものの、往時の規模をしのばせています。

 現在も発掘調査が行われ、史跡公園整備事業が進められています。

 

地図

 

指定年月日 昭和10年6月7日
所在地 つくば市小田2377ほか
管理者 つくば市

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(有形・無形文化財担当) 029-301-5447(埋蔵文化財担当)

FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp