茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
国指定文化財 無形民俗文化財
ひたちふりゅうもの

日立風流物

 日立風流物は、日立市宮田地区の鎮守である神峰神社の祭礼に東町、西町、本町、北町の4地区の人々が山車を繰り出して行う行事です。山車は高さ15m、幅3~8m、重量5tという巨大なもので、5層構造の唐破風造りの屋形を乗せています。この屋形の各層に人形芝居の一場ずつを配して、「源平盛衰記」、「仮名手本忠臣蔵」などの人形芝居が演じられます。屋形が左右に展開して演じられる人形芝居は人形の早変わりなどが綱の操作に連動して演じられるなど、全体の調和や変化のみられる興味深い祭礼です。

 

 

指定年月日 昭和52年5月17日
所在地 日立市宮田町
保護団体 日立郷土芸能保存会
制作時期 江戸時代中期

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(有形・無形文化財担当) 029-301-5447(埋蔵文化財担当)

FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp