茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
国指定文化財 名勝
さくらがわ(さくら)

桜川(サクラ)

 磯部稲村神社の参道をはさんで、両側約1kmに及んで桜の並木があり、古来磯部の百色桜として、桜の名勝となり、吉野に次いで有名でした。
 東北産の品種シロヤマザクラを中心として、花の色、香りなどに富み、学術的に貴重な存在です。
 現在、巨樹は殆んど枯死し、ソメイヨシノ、ヤマザクラなどを補植したものです。『後撰集』には紀貫之の「常よりも春べになればさくら河花の波こそ間なく寄すらめ」があり、その他多くの歌に詠まれています。
 また、世阿弥元清の作である謡曲「桜川」は、この地を題材にしたものです。桜川市山口の鏡ケ池に源を発する桜川は、台地の北側から西へ流れ、筑波を経て霞ケ浦口にそそぐ川です。

 

地図

 

桜川

 

指定年月日 大正13年12月9日
所在地 桜川市磯部135ほか
管理者 桜川市

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(有形・無形文化財担当) 029-301-5447(埋蔵文化財担当)

FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp