茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
国指定重要文化財 工芸品
たち めい よしむね(つけたりいとまきたちこしらえ)

太刀 銘 吉宗(附糸巻太刀拵)

 筑波山神社所蔵の本刀には「吉宗」の銘があります。
 吉宗は鎌倉時代の備前一文字派の刀工と伝えられますが「古今鍛冶銘早見出(ここんかじめいはやみだし)」等によれば、一文字派には吉宗という名の刀匠が二・三あり、この銘の吉宗がそのいずれであるかは特定できません。
 本刀は寛永10年(1633)に筑波山中禅寺の堂塔再建が成った時、将軍徳川家光から寄進されたもので、太刀拵は柄(つか)や鞘(さや)の金具に葵紋(あおいもん)がちりばめられた豪華なものです。

 

地図

 

指定年月日 大正7年4月8日
所在地 つくば市筑波1
管理者 筑波山神社
制作時期 鎌倉時代

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(有形・無形文化財担当) 029-301-5447(埋蔵文化財担当)

FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp