茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
国指定文化財 工芸品
たち めい のぶふささく

太刀 銘 信房作

 鎬造(しのぎづくり)、庵棟(いおりむね)、身幅(みはば)細く、磨上げながらも腰反り(こしぞり)高く、小鋒(こきっさき)です。
 鍛え(きたえ)は、板目(いため)に杢(もく)交じり、肌立ちごころに地沸(じにえ)つき、地景(ちけい)入り、淡く地斑映り(じふうつり)立っています。
 刃文(はもん)は、直刃(すぐは)浅くのたれごころに小板(こいた)乱れ、小丁子(こちょうじ)交じり、小足(こあし)・葉(よう)入り、砂流し(すなながし)・金筋(きんすじ)かかり、小沸(こにえ)厚くついています。
 帽子(ぼうし)はのたれごころ先掃きかけています。
 佩表(はきおもて)に丸止めの腰樋(こしび)があります。
 茎(なかご)は磨上げ、先切り、鑢目(やすりめ)は浅い勝手下がり、目釘孔(めくぎあな)は4つで、中2埋(うめ)です。

 

地図

 

太刀 銘 信房作

 

法量
刃長 2尺3寸6分余
反り 6分8厘

 

指定年月日 昭和25年8月29日
所在地 土浦市中央1-15-18
土浦市立博物館
管理者 土浦市
制作時期 鎌倉時代初期

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(有形・無形文化財担当) 029-301-5447(埋蔵文化財担当)

FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp