茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
国指定文化財 建造物
だいほうはちまんじんじゃほんでん

大宝八幡神社本殿

 本殿は、天正5年(1577)に下妻城主多賀谷下総守尊経が建立したことが回廊の高欄擬宝珠によって知られます。
 三間社流造。
 建ち上がりも高く、柱も太くて、どっしりした重みを見せていますが、これに比べて組物は小柄で複雑に組合わされ、また、派手な装飾は見られず落着いたたたずまいを見せています。

 

地図

 

大宝八幡神社本殿

 

指定年月日 明治39年4月14日
所在地 下妻市大宝667
管理者 大宝八幡宮
制作時期 桃山時代初期

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(有形・無形文化財担当) 029-301-5447(埋蔵文化財担当)

FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp