茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
国指定文化財 建造物
やまもとけじゅうたく

山本家住宅

 山本家は鹿島灘に近い神之池畔にあって、江戸時代中期以降名主を務め、地引網漁の網元でもありました。
 住宅は寄棟造、茅葺で間口19.6m、奥行10.6m、棟高8.98m、平面積244.383㎡、軒面積280.471㎡の南正面東寄りに突出部を付けた曲屋形式であり、正面及び西側面がせがい造となっています。
 平面は突出部を含む東端をニワバ(土間)、その西及び北奥を床上部とし、土間寄りの南側よりウチエン、広間、オメエサマ(仏間)、西ヘヤに区画し、これらの西側に玄関、オクノザシキ、オクノマの接客部三室を並べ、土間奥にもオダヤとその東室の二部屋を設けています。
 建築後、文化11年(1814)から14年(1817)にかけて大きな改造があり、その後も小改造を重ねてきましたが、平成4年(1992)より2年間かけて行われた全面解体修理工事によって、建築当初の姿に復元されました。

 

 

山本家住宅

 

指定年月日 昭和51年2月3日
所在地 神栖市奥野谷4281
管理者 個人
制作時期 江戸時代中期

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(有形・無形文化財担当) 029-301-5447(埋蔵文化財担当)

FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp