茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
国指定文化財 建造物
きゅうとびたけじゅうたく

旧飛田家住宅

 一棟。寄棟造茅葺。平面積142.46㎡。
 飛田家住宅は、もと茨城県久慈郡金砂郷村(現常陸太田市)に建てられていましたが、昭和50年(1975)、古河市の現在地へ移築されました。
 建築年代は18世紀前半と推定され、北関東から東北地方によく見られる「曲屋」と呼んでいる特色ある住宅です。
 L字型の突出部(南側)に「厩」があり、西側は「土間」、中央に「板の間」、東北奥に「部屋」、さらに東側には「座敷」と「板の間」が続いています。
 現在、茨城県下で知られている曲屋形式の農家では最も古いといわれています。

 

地図

 

旧飛田家住宅

 

指定年月日 昭和43年4月25日
所在地 古河市鴻巣339-1
管理者 古河市
制作時期 18世紀前半

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(有形・無形文化財担当) 029-301-5447(埋蔵文化財担当)

FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp