茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 彫刻
もくぞう しゃかねはんぞう

木造 釈迦涅槃像

 檜材の寄木造で作者は明確でありませんが、中央仏師の作ではないかと思われます。
 像は右側面を下に右手を屈して枕とし、下に蓮華の台座を置き、左手を腰にあてています。
 首は耳の後ろで矧(は)ぎ、彫眼(ちょうがん)で胴体も前後に矧いでいます。
 面相の表現も優れていますが、衣文(えもん)のひだの切り込みが浅く形式に流れています。
 格調高い仏像で、年代的には鎌倉時代の頃と思われます。
 なお、涅槃とは、生死の因果を離れ一切の煩悩を滅して、心が円満安楽の境地に入ることをいいます。

 

地図

 

木造釈迦涅槃像

 

指定年月日 昭和46年12月2日
所在地 神栖市波崎3355
管理者 益田山相応院神善寺
製作時期 鎌倉時代

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(有形・無形文化財担当) 029-301-5447(埋蔵文化財担当)

FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp