茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 彫刻
もくぞう にょいりんかんぜおんぼさつぞう(つけたりたいないぶつ)

木造 如意輪観世音菩薩像(附胎内仏)

 愛染院(あいぜんいん)は真言宗豊山派に属し、東雲山愛染院根本寺と称します。
 創立年代は詳らかではありませんが、八幡太郎義家が一軍の武運長久を祈願して守護仏を安置するために、草庵を建立したことに始まるといわれています。
 この像は、像高59.4cm、檜材の寄木造で、首が差込み、玉眼(ぎょくがん)入りで、耳の後で矧(は)ぎ、結髪(けっぱつ)を矧いでいます両臂(ひじ)六手とも差込みです。
 持物の宝珠(ほうじゅ)、輪宝(りんぽう)、蓮華は後補です。制作年代は室町時代と考えられます。
 胎内仏は像高5.9cm、一木造で藤原時代初期の作と推定されます。

 

地図

 

木造 如意輪観世音菩薩像(附胎内仏)


木造 如意輪観世音菩薩像(附胎内仏)

 

指定年月日 昭和46年1月29日
所在地 潮来市水原1121
管理者 愛染院
製作時期 如意輪観世音菩薩像:室町時代

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(有形・無形文化財担当) 029-301-5447(埋蔵文化財担当)

FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp