茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 彫刻
もくぞう あみだにょらいざぞう

木造 阿弥陀如来坐像

 本像は、像高120cmを計る寄木造の最勝寺(さいしょうじ)の本尊です。
 来迎印(らいごういん)を結ぶ阿弥陀坐像で、肉髻(にくけい)を横に矧(は)ぎ、頭部前後矧ぎ、玉眼(ぎょくがん)をはめ、首枘(くびほぞ)を設けています。体部も前後矧ぎ付け、内刳(うちぐり)を施し、両肩外側部・両脚部を矧ぎ寄せています。
 像内に元禄11年(1698)、徳川光圀寄進の墨書銘(ぼくしょめい)が記されています。
 肉髻は低く、螺髪(らほつ)の粒は大きく、面相や体部の表現など本格的ですが、衣文(えもん)の彫り口は固く、江戸時代の製作と思われます。

 

地図

 

木造 阿弥陀如来坐像

 

指定年月日 昭和44年12月1日
所在地 かすみがうら市宍倉787
管理者 最勝寺 古矢和晃
製作時期 江戸時代

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(有形・無形文化財担当) 029-301-5447(埋蔵文化財担当)

FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp