茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 彫刻
よせきづくり たいらのまさかどもくぞう

寄木造 平将門木像

 元文3年(1738)に編纂された神社縁起書によると、将門戦死の際、母と共に奥州に逃れた三女が成人後出家して、如蔵尼(にょぞうに)となり、あるとき、岩井に来て父の像を刻み、小祠(しょうし)に祀ったといわれています。
 これが国王神社(こくおうじんじゃ)の始まりという説です。
 衣冠束帯姿(いかんそくたいすがた)の坐像で、像高76cmです。
 制作年代は不詳ですが、室町時代の作と考えられています。

 

地図

 

寄木造 平将門木像

 

指定年月日 昭和42年3月24日
所在地 坂東市岩井951
管理者 国王神社
製作時期 年代不詳

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(有形・無形文化財担当) 029-301-5447(埋蔵文化財担当)

FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp