茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 彫刻
もくぞう しんらんしょうにんぞう

木造 親鸞上人像

 一躯、像高48cm、寄木造・檜材・彫眼(ちょうがん)です。 顔より肩、胸下まで一木で、両肩先胸下部より衣文(えもん)の裾(すそ)の膝前まで寄木、両脇後も寄木です。
 合掌の両手は、全体と比較して小さく、後世の補修と思われます。
 眼は彫眼で、面相に力強いところが表れています。
 裾の辺は鎌倉時代かと思われる点もありますが、よく見ると形式に流れる点から考え、室町時代初期の作といわれています。

 

地図

 

木造 親鸞上人像

 

指定年月日 昭和39年7月31日
所在地 古河市中央町2-8-30
管理者 宗願寺
製作時期 室町時代前期

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(有形・無形文化財担当) 029-301-5447(埋蔵文化財担当)

FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp