茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 彫刻
もくぞう たちきかんのんぼさつぞう

木造 立木観音菩薩像

 この像は、平安時代、徳一(とくいつ)が開山したと伝えられる立木山長谷寺高照院(こうしょういん)の本尊といわれ、高さ5.9m、一本の立木に刻んだものと推定されていますが、腕の一部が寄せ木です。
 誰の作で、いつの頃の制作かは不明ですが、像内に「千年近く経過し破損が目立つ、光明曼荼羅の御札を配付しご芳志を賜り、修理完成が元文2年(1737)9月」という趣旨の記録があります。
 明治42年(1909)地元地区民の尽力により現在地に遷座(せんざ)されました。

 

 

木造 立木観音菩薩像

 

指定年月日 昭和36年7月21日
所在地 石岡市吉生2734
管理者 個人
製作時期 年代不詳

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(有形・無形文化財担当) 029-301-5447(埋蔵文化財担当)

FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp