茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 彫刻
もくぞう あみだにょらいざぞう

木造 阿弥陀如来坐像

 法衣(ほうえ)を着け、両手は臂(ひじ)を曲げて膝前中央で弥陀定印(みだじょういん)に結び、右足を外にして結跏趺座(けっかふざ)し蓮華九重座(れんげくじゅうざ)に座し、光背(こうはい)は雲烟(うんえん)の透彫(すかしぼり)です。
 材質は檜材で、寄木造、漆泊(しっぱく)を施しています。
 頭部、体部の構造は共木に彫りだし、首を三道下(さんどうした)にて割首枘(わりくびほぞ)にして、矧付(はぎづけ)しています。
 頭部は両耳後ろにて前後に割矧(わりはぎ)とし、体部は背面の襟より地付まで背板として別材を矧付け、内刳(うちぐり)を施してしています。

 

地図

 

木造 阿弥陀如来坐像

 

指定年月日 昭和35年3月28日
所在地 桜川市本木78
管理者 祥光寺
製作時期 平安時代(藤原時代)

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(有形・無形文化財担当) 029-301-5447(埋蔵文化財担当)

FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp