茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 彫刻
もくぞう かんのんぼさつりゅうぞう

木造 観音菩薩立像

 延命院は大生神社(おおうじんじゃ)の所管で、大生山延命院観音寺と称し、大生家の菩提寺です。
 この像は本尊でしたが、明治12年(1879)同寺は焼失し、像は類焼をまぬがれ、昭和40年(1965)に修理が行われ、現在耐火建築の収蔵庫に安置されています。
 像高161.2cm、榧(かや)材の一木造、背刳(せぐり)を施し、両腕とも肩先から別材、両足も別材でつくられています。
 両眉を連続させるように彫った眉や、豊かな頬をもつ面相、幅広い量感に富む体貌、細かい襞を繰返し刻んだ二重天衣(てんい)の衣文線(えもんせん)など古様です。
 しかし、伏し目がちに細めに刻んだ両眼の表情や、衣文のおだやかで浅い彫り口などから、この像の制作年代は平安時代後期と考えられます。
 作者については詳かでありません。

 

地図

 

木造 観音菩薩立像

 

指定年月日 昭和33年3月12日
所在地 潮来市大生750
管理者 延命院
製作時期 平安時代後期

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(有形・無形文化財担当) 029-301-5447(埋蔵文化財担当)

FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp