茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 彫刻
もくぞう だいかしょうりゅうぞう

木造 大迦葉立像

 頭部は南北朝時代(14世紀)、体躯(たいく)は元禄11年(1698)の作です。
 像の背面に刻まれた源(徳川)光圀の修理銘によると、この像は藩内の名刹復興事業の一環として復元され、光圀自身がこの像を迦葉に当てたことがわかります。
 頭部はやや誇張的ですが、写実的に丁寧に彫刻されていて生彩もあり、十大弟子中の長老の風貌をよく表現しています。
 他の光圀復興像と同様、京都あるいは江戸の仏師が担当したものと思われます。
 また、この彫刻は等身大の像であり、1m未満の十大弟子像が圧倒的に多いなかで、貴重なものといえます。

 

地図

 

木造大迦葉立像

 

指定年月日 平成11年11月25日
所在地 潮来市潮来428
管理者 長勝寺

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(有形・無形文化財担当) 029-301-5447(埋蔵文化財担当)

FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp