茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 彫刻
もくぞう あみだにょらいざぞうおよびりょうわきじぞう

木造 阿弥陀如来坐像及両脇侍像

 像高は阿弥陀如来89.4cm、観音菩薩107.5cm、勢至菩薩106.3cmです。
 阿弥陀如来は、上品上生(じょうぼんじょうしょう)の印を結び結跏趺座(けっかふざ)です。両脇侍像は対称的に両手を上げ下げした立像の菩薩で、三尊とも檜材、寄木造、漆箔(しっぱく)、玉眼嵌入(ぎょくがんかんにゅう)の像です。
 その作風は整った細かい切付螺髪(きりつけらほつ)、薄くなだらかな衣文(えもん)線など定朝様(じょうちょうよう)をひく旧派の仏師による造形ですが、玉眼を使用すること、阿弥陀如来の面貌や体躯にしっかりした肉取りと張りがあることなど、鎌倉時代風の写実味を加えたものです。これら三尊の制作時期はほぼ同期で、鎌倉時代前期と思われます。

 

地図

 

木造 阿弥陀如来坐像及両脇侍像

 

指定年月日 昭和33年3月12日
所在地 潮来市潮来428
管理者 長勝寺
製作時期 鎌倉時代中期

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(有形・無形文化財担当) 029-301-5447(埋蔵文化財担当)

FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp