茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
ホーム > 芸術文化・スポーツ > 芸術・文化 > いばらきの文化財 > いばらきの文化財一覧(県指定) > 県指定文化財 彫刻 > 木造 千手観音立像(附伝伝千手観音焼損像1体、殿胎内納入供養札1枚)
県指定文化財 彫刻
もくぞう せんじゅかんのんりゅうぞう(つけたりでんせんじゅかんのんしょうそんぞう1たい、でんたいないのうにゅうくようふだ1まい)

木造 千手観音立像(附伝伝千手観音焼損像1体、殿胎内納入供養札1枚)

 千手観音立像の高さは3.5mの大型像、重厚さと量感にあふれた檜材寄木造の像で、彫りの深い面長な顔立ちから、鎌倉時代後期の作と見られます。
 胎内納入供養札は、空洞になっている寄木造の内部に納める木札です。
 千手観音焼損像は、寄木造の前部が焼失した背面部だけで、像高3.67m、元々、本尊として平安後期に制作したものと考えられます。

 

地図

 

木造 千手観音立像(附伝伝千手観音焼損像1体、殿胎内納入供養札1枚)

 

指定年月日 昭和54年3月8日
所在地 常陸太田市上宮河内3600
管理者 菊蓮寺

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(有形・無形文化財担当) 029-301-5447(埋蔵文化財担当)

FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp