茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 彫刻
もくぞう あみだにょらいざぞう

木造 阿弥陀如来坐像

 本像は檜材、寄木造です。
 布貼錆下地(ぬのはりさびしたじ)、漆箔(しっぱく)、彫眼(ちょうがん)の像で、螺髪(らほつ)は掘出です。木製の肉髻珠(にっけいしゅ)を嵌入(かんにゅう)、水晶珠の白毫(びゃくごう))も嵌入で、衲衣(のうえ)を着け、両手は腹前にて法界定印(ほっかいじょういん)を結び、左足を外にして結跏趺坐(けっかふざ)する如来坐像です。
 構造も、体部の前面をほぼ一材から木取りし、頚部を三道下(さんどうした)で丸ノミを入れて躰部から割矧(わりは)いで、内刳(うちぐり)をほどこす手法は、いわゆる藤末鎌初(とうまつけんしょ)の特徴を備えています。

 

地図

 

木造 阿弥陀如来坐像

 

指定年月日 昭和52年5月2日
所在地 小美玉市上玉里1700
管理者 円妙寺
製作時期 平安時代末期~鎌倉時代初期

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(有形・無形文化財担当) 029-301-5447(埋蔵文化財担当)

FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp