茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 彫刻
もくぞう まんねんだゆうふうふざぞう

木造 万年大夫夫婦坐像(胎内像含)

 水戸藩第2代藩主徳川光圀が、諏訪神社に参詣の際に、万年太夫の古い像の永久保存を考えて、それを胎内に収める新像2体を工人に命じて造らせ、諏訪神社に奉納したものです。
 光圀奉納の夫像は像高60cm、坐幅49cmで、婦像は像高51cm、坐幅49cmです。2体とも一木造、櫟(いちい)材、鎌倉時代の着衣の像です。
 胎内の夫像は高27.5cm、坐幅21.5cm、同婦像は、高23.5cm、坐幅19.0cmです。2体とも一木造、櫟(いちい)材と思われます。像は鎌倉時代の着衣で、夫像は神職の服装、婦像は打掛け姿です。かなり傷みがあったのを、県指定後、京都の公益財団法人美術院国宝修理所で補修されました。

 

地図

 

指定年月日 昭和49年3月31日
所在地 日立市諏訪町3-11-13
管理者 諏訪神社
製作時期 江戸時代初期(胎内像は鎌倉時代)

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(有形・無形文化財担当) 029-301-5447(埋蔵文化財担当)

FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp