茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 歴史資料
さたけよしあきほうがちょう

佐竹義昭奉加帳

 この奉加帳は、佐竹氏17代の当主義昭が弘治3年(1557)3月に寄進をしたときの記録で佐竹家臣178名が名を連ねています。
 奉行(ぶぎょう)を努めたのは、家老格にあたる小田野刑部少輔と和田掃部助の両名で、寄進者の中には一族の大山大膳亮や宇留野大蔵、譜代の人見、大縄らの名も見え、特に部垂(へたれ)・小場(おば)の両家に由緒の深い佐竹宗家(さたけそうけ)にとって陪臣(ばいしん)にあたる家筋の者が、その大部分を占めています。

 

地図

 

佐竹義昭奉加帳

 

指定年月日 平成8年1月25日
所在地 常陸大宮市下町221
管理者 甲神社
制作時期 室町時代

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(有形・無形文化財担当) 029-301-5447(埋蔵文化財担当)

FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp