茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 考古資料
にょうのいがたようはん

鐃の鋳型鎔笵

 鋳銅製(ちゅうどうせい)法具である鐃(にょう)を製作するための型を、鐃の鋳型鎔笵(いがたようはん)といいます。
 鐃は総長27.5cm、最大幅12cm、鈴の長さ7cmです。
 鐃は金剛鈴(こんごうれい)に先行する形式と考えられますが、遺品の実情は奈良時代から江戸時代に及んでいます。
 その間、正当な真言宗というよりは、むしろ神仏習合(しんぶつしゅうごう)的な思想背景をもとに存在した形跡が濃いと考えられます。

 

地図

 

鐃の鋳型鎔笵

 

指定年月日 昭和55年2月28日
所在地 土浦市藤沢975
管理者 土浦市

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(有形・無形文化財担当) 029-301-5447(埋蔵文化財担当)

FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp