茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 工芸品
せきぞうくじゅうそうとう

石造九重層塔

 層塔は鎌倉時代以後、軸部作り出し式が一般的になりました。本塔においては、その軸部も省略され、屋根が重ねられた形式です。
 相輪(そうりん)も簡略化し、九輪(くりん)は七輪(しちりん)になっています。
こうした省略化の傾向は15世紀後半から見られるところで、本塔の製作年代は慶長年間(1596~1615)に下るかもしれません。
 しかし、基礎から相輪まで一具完存するのは珍しく、美術工芸史的には当時代の貴重な遺品といえます。
 花崗岩製で総高253cmです。

 

 

指定年月日 昭和42年11月24日
所在地 つくば市神郡970
管理者 個人
製作時期 室町時代後期

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(有形・無形文化財担当) 029-301-5447(埋蔵文化財担当)

FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp