茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 工芸品
ろくじぞうせきどう

六地蔵石幢

 石塔の一つで石幢(せきどう)と呼ばれるものです。筑波山周辺では、中世以来、六角地蔵石幢が流行しましたが、通称を六地蔵石燈篭と呼んできました。これは花崗岩材でつくられ、龕部(がんぶ)を六角に作り、それぞれの面に地蔵(立像)の合掌、または仏が10本の指で表す形の密印をあらわしたものが彫ってあります。
 一般の石燈篭(いしとうろう)より笠(かさ)が大きいのが特徴で、屋根より上部が大きく、蕨手(わらびて)が上部まで巻き上がっているのが弱くなっています。そして、中台(ちゅうだい)側面に格狭間(こうざま)をつけた蓮弁(れんべん)が彫ってあります。

 

 

六地蔵石幢

 

指定年月日 昭和41年3月7日
所在地 土浦市東城寺650
管理者 東城寺地区
製作時期 室町時代末期

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(有形・無形文化財担当) 029-301-5447(埋蔵文化財担当)

FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp