茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 工芸品
たち(めい やまとのくにたいまとも)

太刀(銘 大和国当麻友以下切)

 この太刀は、銘に大和國当麻友とあります。当麻派(たいまは)は、鎌倉末期から南北朝にかけて大和国に栄え、国行(くにゆき)、友清(ともきよ)、友行(ともゆき)等が知られています。
 この太刀は、磨き上げられて銘切(めいきり)となり作者を明らかにしませんが、古来南北朝の友清作と伝えられています。造り込み及び地・刃に時代や同派の特色を示しているといわれています。
 冠落造り(かんむりおとしづくり)、庵棟(いおりむね)、中鋒(なかきっさき)延び反りは浅く、鍛えは板目、流れごころの肌交わり、刃寄り柾がかり、地紋は交わっています。焼刃(やきば)の表は中直ぐ(なかすぐ)のたれと目交わり、足(あし)、葉(よう)入り、裏は中直ぐのたれとなり、表裏ともほつれごころに砂流しかかり沸(にえ)がついています。帽子(ぼうし)は直刃(すぐは)沸つき先掃きかけ焼き詰めています。
 茎磨上(なかごすりあげ)、先切(さききり)、棟薄肉、鑪目(やすりめ)勝手下がり、目釘孔(めくぎあな)5、表茎(なかご)先に長銘(ちょうめい)があり、友清と伝えています。

 

 

指定年月日 昭和36年3月24日
所在地 牛久市牛久町90
管理者 個人
製作時期 鎌倉時代末~南北朝

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(有形・無形文化財担当) 029-301-5447(埋蔵文化財担当)

FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp