茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 建造物
かなむらべつらいじんじゃほんでん(つけたりむなふだ1まい)・ほんでんおおいや

金村別雷神社本殿(附棟札1枚)・本殿覆屋

 金村別雷神社は、社蔵の「雷神宮略縁起」<宝永5年(1708)>によると、承平年間(931~938)に京都の賀茂別雷神社を勧請して創祀された神社で、雷除けや疱瘡治癒の神として知られてきたといいます。
 現在の本殿は、正徳元年(1711)の棟札があり、様式手法からみてもその時のものと考えられます。大工は山川村(現結城市)の市村安兵衛・吉兵衛兄弟といわれています。間口6.6尺、中規模の一間社流造で、屋根はこけら葺です。彫刻を多用した装飾豊かな建築です。
 覆屋は、社蔵記録にいう「上屋天保二年(1831)八月改造」がこれにあたるものと思われます。方四間、入母屋造で、覆屋としては本格的な建築です。

 

地図

 

指定年月日 平成3年1月25日
所在地 つくば市上郷8319-1
管理者 金村別雷神社
製作時期 江戸時代中期

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(有形・無形文化財担当) 029-301-5447(埋蔵文化財担当)

FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp