茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 建造物
やぐちけじゅうたく(つけたりかそうず7まい)

矢口家住宅(付家相図7枚)

 土浦では、天保12年(1841)9月12日の大火後、町屋が土蔵造に変わりましたが、その代表的な建物です。
 水戸街道に面した土蔵造で、店蔵・袖蔵・元蔵と称する3蔵より構成されています。いずれも2階建で、店蔵は店と居室からなり、袖蔵と接続しており、元蔵は離れています。
 家相図は、天保9年(1838)、弘化3年(1846)、同4年(1847)、文久4年(1864)、明治45年(1912)、大正5年(1916)、年不明(おそらく昭和期)の7枚があり、建物の変遷が分かって貴重です。

 

 建物の構造・規模

  1. 店蔵
    (店部)桁行4間半、梁間3間、2階建土蔵造、桟瓦葺、切妻造
    (居室部)桁行5間、梁間4間半、2階建土蔵造、桟瓦葺、寄棟造
  2. 袖蔵 桁行6間、梁間2間半、2階建土蔵造、桟瓦葺、寄棟造
  3. 元蔵 桁行6間半、梁間3間、2階建土蔵造、桟瓦葺、切妻造

 

 

矢口家住宅(付家相図7枚)

 

指定年月日 昭和55年12月25日
所在地 土浦市中央1-6-13
管理者 個人
製作時期 天保末頃(1841~44)

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(有形・無形文化財担当) 029-301-5447(埋蔵文化財担当)

FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp