茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 建造物
あまびきかんらくほうじ たほうとう(つけたりむなふだ1まい)

雨引観音楽法寺多宝塔(附棟札1枚)

 楽法寺境内にある数多くの古建築のなかで、特に目立つのがこの多宝塔です。残っている棟札から、建築年代は嘉永6年(1853)であることがわかっています。
 下層屋根上に白漆喰の亀腹(かめばら)を入れ、上層の平面を円、下層を正方形にした、いわゆる多宝塔形式です。下層の組物を三手先斗栱とし、二手先目に尾垂木を入れています。軒に小組格天井を張っています。上層も同じ形式の組物を用いています。垂木のつくりは、上層は扇垂木、下層は平行垂木です。相輪は、露盤から宝珠に至るまで鋳鉄製です。
 関東地方には多宝塔が比較的少ないのですが、この塔は規模の上でも有数のものです。

 

地図

 

雨引観音楽法寺多宝塔(棟札1枚)

 

指定年月日 昭和51年7月5日
所在地 桜川市本木1
管理者 楽法寺
製作時期 江戸時代

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(有形・無形文化財担当) 029-301-5447(埋蔵文化財担当)

FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp