茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 建造物
きゅうなかやまけじゅうたく

旧中山家住宅

 寄棟造、茅葺、平面積184.47㎡。もとは岩井市(現坂東市)に建てられていましたが、中山太郎氏の寄贈により、古河市の現在地に移築されました。
 猿島地方に多く見られる「直屋(すごや)」といわれる型の農家で、南側に二カ所の出入り口があります。そこを入ると「土間」があり、左手の南側は「表広間」、その奥が「座敷」、北側は「裏広間」に「納戸」と、四室が典型的「田の字」形の造りになっています。
 建築年代は不明ですが、床板裏面の墨書に「延宝二年」(1674)とあります。
 大型農家の典型として県指定文化財となり、原形に復元されています。

 

 

地図

 

旧中山家住宅

 

指定年月日 昭和48年8月27日
所在地 古河市鴻巣1045
管理者 古河市
製作時期 17世紀(推定)

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(有形・無形文化財担当) 029-301-5447(埋蔵文化財担当)

FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp