茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 建造物
おおうじんじゃほんでん

大生神社本殿

 大生神社は、健御雷之男神(たけみかづちのおがみ)を唯一の祭神とする元郷社で、その創祀年代は詳かではありませんが、鹿島の本宮と云われ、古く大和国の飯富(オフ)一族の常陸移住の際、氏神として奉遷し御祀りしたのに始まるといわれています。
 この本殿は、天正18年(1590)の建立と伝えられ、三間社流造、茅葺、間口約6m、奥行約7m、前軒高さ約3m30cm、裏軒高さ約4mと、地方社殿としては大きく荘厳で、当地方における最古の社であり、その時代の特徴を良く示しており、貴重な存在です。

 

地図

 

大生神社本殿

 

指定年月日 昭和32年6月26日
所在地 潮来市大生814
管理者 大生神社
製作時期 年代不詳

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(有形・無形文化財担当) 029-301-5447(埋蔵文化財担当)

FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp