茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 建造物
いしづくり しょうこうじ たほうとう

石造祥光寺多宝塔

 基壇の上に、塔身、笠、九輪がのせられる構造になっています。
 塔身は全体に円筒状をなし、その裾は軽くしまり基壇に接しています。笠は方形ですが四辺がわずかに中だるみになっており、屋根は低い方でたるみはゆるく、軒はその端がわずかの反りを見せています。九輪はなく、別材の五輪をのせています。
 石材は凝灰岩で、全体に肌があれています。
 「建仁二年九月吉日/孝子□人」の銘文があります。

 

地図

 

石造 多宝塔

 

指定年月日 昭和35年3月28日
所在地 桜川市本木78
管理者 祥光寺
製作時期 鎌倉時代

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(有形・無形文化財担当) 029-301-5447(埋蔵文化財担当)

FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp