茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 絵画
けんぽんちゃくしょく あみださんぞんらいごうぶつ

絹本著色 阿弥陀三尊来迎仏

 本図は、各縦100cm、横44cmの仏画です。
 西方浄土の阿弥陀如来が、衆生(しゅじょう)を救うため人間界に迎えにくる姿を描いたものです。
 多くの菩薩(ぼさつ)に囲まれ来迎(らいごう)するのが初期の例ですが、浄土教の教えが恵心流(えしんりゅう)から法然流に移行し、来迎思想が消極的になったこともあり、鎌倉時代末から阿弥陀・観音・勢至の三尊形式に略された来迎図が盛行しました。
 この作品は、江戸時代の作ですが、絹地は後世に黒く塗りつぶされています。

 

地図

 

絹本著色 阿弥陀三尊来迎仏

 

指定年月日 昭和44年12月1日
所在地 かすみがうら市宍倉787
管理者 最勝寺古矢和晃
制作時期 江戸時代

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(有形・無形文化財担当) 029-301-5447(埋蔵文化財担当)

FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp