茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 絵画
けんぽんちゃくしょく りょうかいまんだら

絹本著色 両界曼荼羅

 両界曼荼羅は、「大日経」(だいにちきょう)と「金剛頂経」(こんごちょうきょう)に基づいて表わした金剛界(こんごうかい)と胎蔵界(たいぞうかい)の2界からなり、金剛界は表現の世界を、胎蔵界は内在の世界を図示したものです。
 本両界曼荼羅は、表現形式上からは諸尊の形相を彩画した大曼荼羅(現図曼荼羅)に属し、大きさはいずれも縦242.4㎝×横181.8㎝です。
 寺伝によれば、古河公方の家臣とされる小堤城将諏訪三河守頼方が、息女の病気平癒のために円満寺に寄進したものということです。

 

地図

 

絹本著色 両界曼荼羅

 

指定年月日 昭和38年8月23日
所在地 古河市小堤1405
管理者 円満寺
制作時期 室町時代

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(有形・無形文化財担当) 029-301-5447(埋蔵文化財担当)

FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp