茨城県教育委員会へようこそ学校教育生涯学習・家庭・地域教育芸術文化・スポーツ困ったときは(よくある質問)・教育相談窓口
県指定文化財 絵画
けんぽんちゃくしょく たいがくだいおしょうちんそう

絹本著色 太獄大和尚頂相

 縦約107cm、横約47cm、絹本、作者不明、元禄時代の作。
 太獄和尚は長勝寺再興の名僧といわれています。岩代国(現福島県)二本松の松岡寺住職であった頃、徳川光圀の「吾領内板久村に一つの無住寺あり再興して大寺となさんと欲す。請う此に赴いて化益(けやく)を施せ」という招請により、元禄4年(1691)諸堂再興にとりかかり、元禄7年(1694)正月全て旧観に復し、現在の堂塔伽藍を見るに至ったものです。この頂相は在世中の名筆になるもので、その自賛は和尚の面目を察知するに余りあるものです。

 

地図

 

絹本著色 太獄大和尚頂相

 

指定年月日 昭和33年3月12日
所在地 潮来市潮来428
管理者 長勝寺
制作時期 元禄時代

関連リンク

 

お問い合わせ

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6 茨城県教育庁 総務企画部 文化課[県庁舎21階]

電話 029-301-5449(有形・無形文化財担当) 029-301-5447(埋蔵文化財担当)

FAX 029-301-5469

E-mail bunka@pref.ibaraki.lg.jp